お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

しーん……。「ドライブデート」が気まずい空気になる6つの原因

ファナティック

寒い時期は快適なドライブデートに行きたい! なんてことを考える女性も少なくないと思います。移動で寒い思いをするのはイヤですもんね……。車だったらあったかく、快適に過ごすことができますし、遠出するのも楽ちんです。でも、楽しいはずのドライブデートも気を付けないと、非常に気まずいデートになってしまうことがあります。そんな事態に陥らないために、ドライブデート中、気まずくなってしまう原因について、女性たちに具体的な例をあげてもらいました。
af0060004165m-3

■沈黙

・「沈黙。話す内容がないとき、気まずい雰囲気になる」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「会話が途切れたときだと思います」(23歳/その他/その他)

話題が豊富な彼とのデートであれば、ドライブ中、会話がなくなって沈黙が重い……なんてこともないでしょう。また、本当に気が合っていて、沈黙が苦痛ではないカップルになれたら、大丈夫ですが、まだそこまで気心が知れていないカップルにはなかなか至難の業です。

■渋滞が長いと

・「渋滞が長すぎてイライラして空気が悪くなること」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「渋滞でなかなか進まないとき。イライラしたり疲れるから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

長い渋滞に捕まると、助手席にいてもイライラしますが、運転している人はもっとイライラします。そのイライラが車内のムードを悪くするのです。

■うっかり眠っちゃって

・「眠くてついうたた寝してしまったとき」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「運転を完全に任せて助手席で寝てしまうこと」(26歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

これは男性の中でも意見がわかれるところ。「疲れているときは無理せず寝てほしい」という男性もいれば、「こっちは運転しているんだから起きているのがマナー」と考えている人も……。後者のタイプの彼だと、うっかり寝てしまって目覚めたときに、気まずい思いをするでしょうね。

■ケンカをしちゃって

・「ケンカをする。2人きりの空間なので逃げ場もないので」(28歳/金融・証券/営業職)

・「ちょっとしたケンカでも密室だから、閉塞感がある」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

ちょっとした口論も、ほかの場所であればするに空気を一掃させることも可能でしょうが、外野が存在しない二人きりの空間だからこそ、悪い空気が留まり続けてしまうのです。

■道を間違えて

・「高速などで道を間違えて目的地まで遠くなってしまったとき」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「道が混んでたり間違えたりでイライラするとき」(23歳/建設・土木/技術職)

彼がもし、運転中に道を間違えてしまっても、それを責めてはいけません。間違えたことを一番悔やんでいるのは本人でしょうからね。「間違えたでしょ?」なんて指摘をしたら、ケンカのもとです。

■ハンドルを持つと人格が変わる

・「運転しながら文句を言うこと。元カレがせっかちで、信号待ちにイライラ文句を言うタイプで、とても気まずかったので」(30歳/その他/販売職・サービス系)

ハンドルを持った途端、人格が変わったかのように攻撃的な性格になる人も……。攻撃的な彼を目の当たりにしたら、怖くて思わず黙り込んでしまうかも……。

■まとめ

ドライブ中は、お互いが快適に過ごせるように、協力し合うことが楽しいデートになる秘訣かもしれません。彼がハンドルを握っているからといって、すべてをお任せするのではなく、ナビの操作や、飲み物を渡してあげるなどの気遣いを忘れずにしましょうね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月16日~2016年12月5日
調査人数:101人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]