お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

「育ちがいい女性」が実は知らない6つのこと

ファナティック

育ちがいい女性の中には、いわゆる「世間知らず」な人もいます。一般的には常識的なことでも、彼女たちにとっては非常識なこともあるのです。では、彼女たちがどういったことを知らないか、働く女性たちに聞いてみましょう。
yuka160322000i9a4287_tp_v-3

■夜遊びの楽しさ

・「夜遊びのワクワク感。育ちのいい女性は、夜は必ず帰宅していそうだから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「夜遊びや本当は夜楽しいことは知らない」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

深夜に飲んだり、カラオケに行ったりする楽しさは、門限があるような家庭の人は到底経験しないことでしょうね。夜遊びなんてはしたない、と言われて育っているかも……。

■一流の料理じゃなくてもおいしい

・「どん兵衛がうまいということ。そんなの食べないと思うから」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「B級グルメを知らなさそう」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

リーズナブルでおいしいものもあまり知らないでしょうね。安かろう悪かろう、という考えで、あまりにも安いものは口にしないかもしれません。

■ゲームセンターの遊び

・「ゲームセンターの遊び。育ちがいい人はゲーセンなんて行かないから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

ゲームセンターとは無縁の生活を送っていそうなイメージも。ただ、女子同士でプリクラを撮って楽しめるところもあるので、行ったことはあるかもしれませんね。

■安くていいものもある

・「100円ショップの商品でも、役立つものがある」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

食べ物と一緒で、日用品や雑貨にも、安くていいものがたくさんあります。それを知る機会は少なそうですよね。

■ものの値段

・「食料品の値段。高いとか安いとかわからないのではと思う」(34歳/金融・証券/営業職)

・「安いお菓子や雑貨の値段などを知らないと思う」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

普段、自分で買い物をすることがあまりない人は、ものの値段にも無頓着でしょうね。たとえ知っていたとしても、相場よりもだいぶ高い価格かもしれません。

■節約が楽しいこと

・「節約の楽しみ方。ちょっとでも得するだけでどれだけテンション上がることか」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

お金がないと、生活をしていくために、節約をしなくてはなりません。自分で創意工夫をした結果、出費が少なくなったら、とってもうれしいですよね。節約をする必要性がないからこそ、彼女たちはこのうれしさを感じられないのでしょう。

■まとめ

世間知らずの女性、というのは少なからず世の中にはいるものです。育った環境で、知識や、身に付くものは変わりますからね。そういう女性に出会ったときは、楽しいこと、おもしろいものを教えてあげてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月16日~2016年12月5日
調査人数:101人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]