お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

酒に酔ったコトにして……♪ 飲み会で気になる女子にするボディータッチ6つ!

ファナティック

%e9%a3%b2%e3%81%bf%e4%bc%9a%e3%81%a7%e6%b0%97%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e5%a5%b3%e5%ad%90%e3%81%ab%e3%81%99%e3%82%8b%e3%83%9c%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%81飲み会でなんとなく気になる女子がいた場合、アピールの意味も含めて軽くボディータッチをするという男性もいるのではないでしょうか? では、男性たちは女子に対して、どのようなボディータッチをするというのでしょうか?

肩をたたいて様子を見てみる

・「タイミングを見て肩をポンポンとたたくと思う」(25歳/運輸・倉庫/その他)
・「肩を軽くたたいて、スキンシップに抵抗がないかどうかを確認します」(37歳/機械・精密機器/営業職)

あまり露骨に触れるのもなんだから、肩を軽くたたくことで反応を見るという方もいるようです。嫌がる様子がなければ、もう少し頻度を上げて行ったり距離を縮めて行ったりするのでしょう。

頭を軽くポンポンと触る

・「頭ポンポン、いやらしさがないから」(26歳/金融・証券/専門職)
・「頭をたたくかポンポン、肩に触れる」(38歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

頭を軽く触ったり、ポンポンとするという男性もいます。頭は比較的性的な印象から離れている部位のため、セクハラだと怒られることが少ないと考えているのでしょうか? こうしたスキンシップなら気軽にできるのかもしれませんね。

ほっぺたを軽くつつく

・「ほっぺたをつんつんとつっついてみる」(34歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「酔って来てからほっぺたを指先でつっつく」(27歳/小売店/営業職)

これはけっこう難易度の高いボディータッチのようにも思えますが、ほっぺたなどをつつくと答えた男性もいました。ある程度仲のいい関係であるか、もしくはお互いに酔っぱらっていないとなかなかできないかもしれませんね。

さりげなく腕を小突いたり触れてみる

・「話しながら軽く腕を触ってみる程度です」(28歳/商社・卸/営業職)
・「冗談を言いながら肩や腕を軽く小突く感じ」(38歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

会話の中で突っ込みを入れる際などに、さりげなく腕を小突いたり触れたりするといった男性もいました。比較的ライトな感じのボディータッチなので、一度程度なら女性もあまり嫌がらないのかもしれませんね。

不自然にならない範囲で手を触る

・「手を触ることです。ギリギリOKだと思うスキンシップだから」(34歳/機械・精密機器/技術職)
・「占い関連の話をして手相の見せ合いっこみたいな感じで手を触る」(30歳/その他/その他)

何か理由をつけて手を触るという男性もいました。手相や指の話なんかをしながら、相手に不審がられない程度に触れる感じになるのでしょうか? 触り方次第では、嫌がられてしまう可能性があるため、会話の持っていき方がポイントになるかもしれません。

セクハラだと言われるのが嫌な男性も……

・「セクハラとか言われるの嫌だから、こちらからは触らない」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「セクハラだと言われると困るのでしません」(23歳/その他/その他)

そもそも、セクハラだと言われるのが怖いし嫌なので、女子の体には一切触れませんと答えた男性がかなりいました。女子に触れるなんてとんでもないという男性も意外と多く、けっこう気を使っているんだなということがよくわかりますね。

まとめ

今回のアンケートでは、意外と「ボディータッチはしません。軽い人だと思われたくないから」(34歳/学校・教育関連/専門職)といった声や、「ボディータッチをする勇気はないので、しない」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)などというように、女子に対してボディータッチができないと答えた男性が多かったです。女子としても、むやみやたらと触られるのを嫌がる方も確かにいますので、相手との距離感や関係性を見ながらいやらしくない程度でスキンシップが図れるとよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数100件(22~38歳の働く男性)

※この記事は2016年12月12日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE