お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

幸せってこういうことっ! 「彼氏の愛」を実感する6つの瞬間

ファナティック

彼氏が自分のことを本当に好きなのか、モヤモヤ考えてしまう瞬間はありませんか? とはいえ言葉にされなくても、ふとした行動から、「愛されている」と感じることができるものです。そこで今回は、女性が思う「彼氏の愛を実感する行動」について、聞いてみました。

(1)サプライズをしてくれる

・「サプライズで何か仕掛けてくれる行動」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「記念日にはいつもサプライズをしてくれること」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

自分のことを驚かせようと、いろいろサプライズを仕掛けてくれる彼には、それだけで愛情を深く感じますよね。準備をしてくれている彼氏のことを想像するだけで、胸がキュンとします。

(2)抱きしめてくれる

・「後ろからギュッとしてくれる、なんでもないときにギュッとしてくれる」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「彼にギュッと抱きしめられる瞬間」(25歳/その他/専門職)

ハグは最大限に愛を感じられる行為。キスよりもハグに安心感を覚える女性もきっと多いはずです。きつい抱擁からは、彼氏が自分のことを愛おしいと思ってくれているのがすごく伝わってきますよね。

(3)病気のときに看病してくれる

・「具合が悪くなって寝込んでいたときに看病してくれたこと」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「風邪をひいたときの看病。愛されているのが伝わるから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

体調が悪いときや、病気になったときほど、相手の真の愛情が垣間見えるかもしれません。心配して飛んできてくれるようであれば、言わずもがな愛を実感できますよね。

(4)気持ちをわかってくれる

・「何も言っていないのに気持ちをわかってくれる」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「何も言わなくても私の気持ちを察知してくれる」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

自分の気持ちを理解してくれる相手は、なかなか見つけられないもの。ずっと一緒にいる時間があるからこそ、何も言わなくてもわかってくれるのかもしれませんね。そんな相手が見つかったら、一生離したくないと思うものです。

(5)時間を作って会いに来てくれる

・「忙しいのに、会いに来てくれたり、時間を作ってくれる」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「週末は家に会いに来てくれる。なかなか行動に移すのは大変だと思うので」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

どれほど忙しいときでも、自分のために時間を作ろうとしてくれる彼に、愛情を感じることもあるのでは。たまにならできるものかもしれませんが、いつもとなると愛の大きさは絶大。「行動にうつす」というのがなかなか難しいことですもんね。

(6)遅刻しても待っててくれる

・「待ち合わせに遅れても待っていてくれる」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

・「待ち合わせに遅れてもずっと待ってくれていることです。寒いのに悪いなと思います」(33歳/ソフトウェア/事務系専門職)

彼女がどれほど遅刻しても、怒らず待ち続けてくれる彼氏もいるようですね。悪いとは思っているけれど、怒らない彼氏に愛を感じることもあるのではないでしょうか。

<まとめ>

彼氏の心がこもった行動に、愛を感じる人も多いようですね。言葉で「大切に思っている」とはいくらでも言えるものの、それを行動にうつすのは難しいこと。逆を言えば、行動ひとつで彼氏の愛の大きさがはかれるのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月17日~2016年11月28日
調査人数:102人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]