お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

涙がちょちょぎれる! つらいとき女性に言われて救われた言葉・12選

ファナティック

男性が落ち込んでいるときはかける言葉が見当たらず、ただ黙って見守ることしかできないときも。ただ何か言葉をかけることで、救われることもあるはずですよね。社会人男性に「つらいときや落ち込んだとき、女性に言われて救われた言葉」について聞いてみました。

■つらいときにそばにいる、と言われたら

・「『今日は一緒にいてあげる』という言葉。恥ずかしながら、涙が出そうになりました」(32歳/その他/その他)

・「『つらいときに、そばにいるから』と言われたとき」(30歳/建設・土木/技術職)

ただ黙ってそばにいてくれることが、男性にとっては「癒し」になるときがあるよう。「そばにいるから」という言葉には不思議な温もりがありますよね。

■頼りにしていいよ、と言われると力が出る

・「いつも相談に乗ってもらっているので、『今度は自分が力になるよ』と言ってもらったとき、とても力が湧いた」(32歳/不動産/営業職)

・「『自分一人で抱え込まずに、もう少し頼りにしていんだよ』といった一言」(29歳/その他/販売職・サービス系)

男性が落ち込んでいるときに声をかけられなくなるのは、自分に自信がないせいもありますよね。勇気を出して力になってあげると、その勇気が男性にも伝わるようです。

■「大丈夫」は最強の言葉

・「『大丈夫大丈夫! なるようにしかならないんだから、嫌なこと考えるだけ無駄だよ。気楽に行こうよ!』と言われたとき、確かに考えていると落ち込むから、何とかなると思っていたほうが気持ちが楽だから」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「『大丈夫!』だよと、最強の言葉」(28歳/情報・IT/営業職)

問答無用で肩を押してもらえるのが、女性からの「大丈夫!」の一言なのだそう。よくわからないけれど、なぜかそんな気がしてくる言葉です。

■少し気にかけてくれるだけで救われる

・「『何かあったの?』とか心配してもらえるだけでも救われる」(32歳/その他/事務系専門職)

・「『頑張ってね』の一言や、愚痴を聞いてくれるだけで救われます」(29歳/不動産/営業職)

何か気の利いた一言が言えなくても「何かあった?」や「頑張ってね」などの軽い一言でも、男性はだいぶん気持ちが楽になるとか。声かけは大事ですね!

■自分の努力を認めてもらえたとき

・「自分のやってきたことに対して、意味のあることだと言ってくれたとき」(33歳/運輸・倉庫/営業職)

・「『○○は頑張ってるよ』と自分の努力を認めてもらえたとき」(28歳/自動車関連/技術職)

自分の頑張りが誰にも認めてもらえないことほど、切ないことはないですよね。頑張っている男性がそばにいるなら、言ってあげたい一言かも?

■「元気出して!」になぜかキュンとする

・「『元気出してほしいな』。キュンとしてしまうのでいい」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「『元気出して一緒に頑張ろう』って言われたとき」(30歳/自動車関連/事務系専門職)

なぜか男性がキュンとしてしまうのが、女性からの「元気出して!」の一言なのだそう。エールを送ってもらった気持ちになるのかもしれませんね。

男性の悩みや落ち込みは理解できないことも多く、声をかけるのをためらってしまうこともありますが、女性の何気ない一言に救われることもたくさんあるよう。ぜひ身近に何かにつまずいて落ち込んでいる男性がいたら、こんな声がけをしてみてくださいね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年8月にWebアンケート。有効回答数204件。25歳〜34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]