お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

パンツが透けないように工夫していること

ファナティック

働く女子たちの中には、毎日のファッションを積極的に楽しんでいる方も多いことと思います。好きな服を身につけられるということは、とても幸せなこと! 気分アゲアゲで出社したにも関わらず……「パンツ透けてる!」なんて恥ずかしい指摘をされてしまったら……気分はどん底まで急降下してしまいます。こんな失敗を避けるため、働く女子たちが、パンツが透けないように工夫していることを、6つ紹介します。

af9920062475m

■白はNG

・「濃いめの色のパンツやスカートを選ぶ」(23歳/建設・土木/技術職)

・「濃い色のパンツをはいている。色が薄いと透けやすいと思うから」(33歳/不動産/専門職)

パンツが透ける可能性が最も高いボトムと言えば、「白系」のアイテムです。パンツもスカートも要注意! 「もしかして透けているかも……」と不安になるのも嫌ですから、最初から「白は避ける」と決めている方も少なくないようです。

■下着にひと工夫

・「白いボトムスなどを着るときには色のついた下着は着ないようにしている」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「柄物のパンツをはかない。薄い色の下着にすれば透けないから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

でもやっぱり……華やか白ボトムをあきらめたくないと思う女性にオススメなのが、こちらの方法です。透けにくい下着を選ぶことで、リスクはかなり小さくできます。周囲がみんな黒系のなか、白系ボトムを颯爽と身につけられたら、注目度も大幅アップしそうです!

■事前確認を怠らない!

・「白い服を着るときは、キャミソールやホットパンツを身につけ、明るいところで透けないか確認する」(32歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「家で母親に忌憚のない意見を聞いてみる」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

どんなに工夫をしても、ダメなものはダメ、ということもあり得ます。「これだけ工夫したのだから……」と安心するのではなく、自分の目できちんと確認しておきたいところです。さまざまな条件の下、動いたときの見え方にも注目してみてください。彼や友人にチェックをお願いするのもオススメですよ。

■スカートには欠かせません

・「ペチコートを着用する。透けたりラインが出ると、みっともないと思うから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「不安ならペチコートを着るようにする」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

スカートスタイルのときには、ペチコートを愛用する女性も多いようです。透け防止だけではなく、スカートの形を美しく見せてくれるというメリットもあります。一枚持っておくと、安心と言えそうですね。

■パンツスタイルならコレ!

・「スパッツのようなものをはいている」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「重ねばきのパンツをはく。それしかないと思うので」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

パンツスタイルでの透け防止には、タイツやスパッツの活用がオススメです。特に今の季節は、防寒対策としても一役買ってくれるはず。スタイル補正機能があるものを選べば、ヒップラインも美しく見せてくれそうです。

■オススメアイテム紹介

・「ユニクロの縫い目がないパンツをはいています」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「ユニクロのシームレスをはいている」(34歳/金融・証券/営業職)

今回のアンケートで多く挙がったのが、ユニクロの「ウルトラシームレスショーツ」です。プチプラなのに、アウターに響きづらい優秀アイテムと言えそうですね。透け防止のため、取り入れてみてはいかがでしょうか。

<まとめ>

思いがけずパンツが透けていて赤面……!なんて事態を避けるためには、抜かりない準備と事前チェックが必須だと言えそうです。自分では大丈夫と思っていても、意外と……なんてこともありますから、ぜひ自分のうしろ姿にも注目してみてくださいね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月14日~2016年11月29日
調査人数:108人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]