お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 コーディネート

とんでもねぇセンスだなっ! 「ダサい男性」が着る私服・5パターン

ファナティック

普段はスーツでビシッと決めている男性からデートのお誘いを受けると、どんなカッコいい私服姿で現れるのか、期待してしまいますよね。とはいえ、意中の彼がもしダサいファッションで現れたら……。女性のみなさんはガッカリしてしまうはず。今回は、周囲の「ダサい男性」が着ている私服の特徴を、社会人女性に聞いてみました。

(1)キャラクターもの

・「キャラクターものがプリントされたTシャツ」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「キャラクターものを何のためらいもなく着る」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

どれだけ好きであっても、キャラものの洋服は大人の男性にはやめてほしいと願う女性が多いのではないでしょうか。部屋着ならまだいいですが、一緒に外出するとなると、少しためらってしまうかもしれませんね。

(2)チェックのシャツ

・「チェックのネルシャツ。オタクっぽいから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「チェックシャツをチノパンに合わせる」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

チェックのネルシャツにチノパンの組み合わせでインするスタイルは、女性ウケ最悪! 着こなし方によっても差がでるコーディネートではありますが、大人の男性が挑戦すると「大学生っぽさ」が出てしまうもの。無難とはいえ、難しいスタイルなのかもしれません。

(3)柄オン柄

・「柄物と柄物を合わせたコーディネート」(26歳/その他/事務系専門職)

・「柄に柄の上下や中学生のような服装」(27歳/その他/専門職)

柄同士の組み合わせは、オシャレ上級者でも難しいもの。柄物の洋服の上に、さらに柄物を組み合わせる勇気があるのは、相当オシャレに自信があるか、単にダサいからの2択かもしれませんね。

(4)ジャージ

・「ジャージ。どこでも着て行けると思っている」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「ジャージ。ダボダボでだらしないと思います」(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

オシャレに興味のない男性は、当然服装にこだわることはないかもしれませんね。どこに行くにも、上下のジャージ姿がユニホームになっているという男性も少なくなさそう。家で着ていたジャージのまま外出できるというのも、考えものですね……。

(5)ヨレヨレの服

・「ヨレヨレの服。初デートでヨレヨレのワイシャツを着てきた男性がいて、ソッコー帰りたかった」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

・「ヨレヨレの服。服は着られればいいと思っている」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

洋服がヨレヨレであっても、気にしない男性もいますよね。清潔感を出そうなんて気は、さらさらないのかも!? 「服は着られればいい」という発想自体が、オシャレな女性の価値観とは合わないようです。

<まとめ>

ダサいと感じる洋服を着ているだけで、そもそも「ダサい男性」という全体のイメージが女性の中でできあがってしまうこともありそう。オシャレが好きな女性たちが、彼に少しでもカッコいい服装をしてほしいと思うのは当然のことですよね。彼氏が「ダサい」と感じたら、一緒に服を選んであげるといいかもしれませんよ!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月17日~2016年11月28日
調査人数:102人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]