お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

俺だけを見ろ! 強引な男性にキュンとしたエピソード11

ファナティック

やさしさであふれた男性は、女性にとって非常に魅力的な存在。しかし時に「物足りない感覚」を抱いてしまうことはありませんか? 女性たちの心を惹き付けるのは、時折見せる、男性の「ちょっと強引なふるまい」であることも……。強引な男性に、世の女性たちがキュンとしてしまったエピソードを紹介します。

決断できないとき

・「私が優柔不断で決めかねていることをズバッと決断してくれた人」(24歳/不動産/事務系専門職)

・「いいからついてこい的なことを言われたとき」(25歳/医療・福祉/専門職)

自分では何かを決断できないとき、「誰かがズバッと引っ張ってくれたら……」と妄想する方も多いはず。女性たちの心を読み、多少強引に引っ張ってくれる男性には、思わずキュンとしてしまいます。「私にはこの人が必要なんだ!」と、恋に落ちてしまいそうです。

強引なスキンシップ

・「強引に抱きしめられたときにドキドキしました」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

強引なのはNGかと思いきや、むしろいいスパイスになって、女性の心をときめかせることもあるようです。とはいえこちらは、「好きだから」こそ成り立つ話。女性の気持ちに確信が持てないときには、ぜひ慎重な行動をお願いしたいものです。

お誘い

・「『俺がやっとくから行こう!』って遊びに誘われたことがあった」(28歳/金融・証券/営業職)

・「ごはん行こうと何度も誘われて、何回か目からちょっとうれしかった」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

・「落ち込んで家に引きこもっていたとき、友人関係の男性に強引に連れ出してくれて、キレイな景色を見せてもらって落ち着いたことがあってキュンとしたことがあるから」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

女性へのお誘いは、「一度トライして断られた瞬間」からチャンスが生まれるのかもしれません。断っても断ってもめげない相手に、なぜだかキュンとしてしまう女性は少なくありません。「もう、仕方がないなぁ」なんて思いから、恋がスタートするのではないでしょうか。

ワガママだけどキュン!

・「お前は自分のものだというように、まわりの男性を前に見せつけるような行動を取ったとき」(25歳/その他/事務系専門職)

・「飲み会で、『はい、○○は俺の隣ね!』と強引に座らせてきた人。ちょっとかわいくてキュンとした」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

男性が見せるワガママに、母性本能をくすぐられた経験はありませんか? こんな「キュン」は、きっと女性ならではのもの。嫉妬心が感じられる男性のワガママに、ドキドキしてしまいそうですね。

まるで少女漫画

・「『お前は俺だけ見てろ』と言われたとき」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「顎クイでキスされたこと。マンガや映画だけかと思いましたが、その強引さにキュンとしました」(30歳/医療・福祉/専門職)

まるで少女漫画のようなシーンを、実際に体験した女性もいるようです。こんな言動を実践する男性がいるなんて、ちょっとうらやましいと思う方も少なくないのでは?

<まとめ>

強引なのはちょっと……と言いながらも、思わずキュンとしてしまうことがありますよね。世の男性陣には、ぜひ女性が喜ぶ絶妙な強引さを身につけておいてほしいかも……!?

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月14日~2016年11月29日
調査人数:108人(22~34歳の働く女性)

※この記事は2016年12月07日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE