お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

ココを見抜けっ! 結婚向きじゃない○○なクセのある女・6選

ファナティック

「すべて理想通りの完璧な結婚相手はいない」とどこかで妥協したりというのも結婚を決めるときには必要。でも、間違ったポイントで妥協すると結婚を後悔することもありそう。今回は、同性目線で婚活中の男性たちに「こういうクセのある女性との結婚はやめたほうがいい」というアドバイスをしてもらいました。

■ギャンブル

・「ギャンブル。金銭感覚と考え方がおかしい」(38歳/金融・証券/営業職)

・「ギャンブル癖がある女性」(38歳/金融・証券/営業職)

趣味程度に楽しんでいるとしてもあまりいいイメージのないギャンブル。単なるムダ遣いでもあるし、どんどんエスカレートしていくことがあるのも結婚相手として避けたほうがいい理由でしょうね。

■浪費癖

・「浪費癖のある人はやめておいたほうがよい。やたらとブランドにこだわったりするタイプ」(37歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「金遣いが荒いやつはやめたほうがいい。絶対苦労すると思う」(36歳/学校・教育関連/専門職)

ほしい物があると我慢できずに買ってしまう、お金の管理がきちんとできない。家計を預かる妻にしてしまうと大変なのが浪費癖のある女性。結婚前に彼女の持ち物や貯金額などをさり気なくチェックする必要はあるかもしれませんね。

■いろいろな面でルーズ

・「連絡がルーズである」(38歳/学校・教育関連/専門職)

・「遅刻癖のある子はあとあと面倒なことになる」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

ちょっとした約束が守れなかったり遅刻癖があったり。いろいろな面でルーズな女性は結婚後もなかなかそのクセが治らず苦労しそう。注意されても治す気がなさそうなら、価値観のちがいが大きいのかもしれませんね。

■気分屋

・「基本的に短気な女性に関しては、やめといたほうがいいと思います」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「気分屋でヒステリックなところがある」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他

いきなり怒り出したり、落ち込んだり。自分自身で気持ちをコントロールできない気分屋な女性も振り回されることが多いかも。男性に比べると気分に波がある女性は多いと言われていますが、やはり限度はありますよね。

■物が捨てられない

・「断捨離できない女性はやめたほうがいい」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「収集癖のある女性はやめたほうがよい」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

趣味で何かを集めている人は結婚後もそこにお金をつぎ込みそうだし、物が捨てられない人は部屋が片付かなさそう。必要なものとそうでないものの基準が自分と同じかどうかも、結婚相手を選ぶときには大事かもしれませんね。

■男グセ

・「浮気グセ。遊びグセ。とんでもない」(30歳/金融・証券/経営・コンサルタント系)

・「浪費と男性グセ。浮気はダメだから」(34歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

結婚したら自分のことだけを見ていてほしいと思うのは当然。いつまでも遊びグセが抜けなくて、男性とフラフラ遊んでいるような女性は心配で安心して結婚できないという人は多いでしょうね。

■まとめ

クセやよくない習慣というのは本人が気づいていないことも多いので、自然に治ることはなさそうだし、治してもらうのは難しいかも。ほかに「自慢話ばかりする人はやめたほうがいい」(37歳/医療・福祉/専門職)、「謝らない、クセの強いやつはダメだ」(36歳/学校・教育関連/その他)と性格面の不一致というのも、結婚してから後悔することになりそう。付き合っている間に「どうかな」と思うようなクセがある相手は、結婚前にもう一度じっくり考えることが必要なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月31日~11月22日
調査人数:123人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]