お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

やりすぎちゃダメっーー! 母親みたいな彼女に引いた経験・6つ

ファナティック

家事上手な女性を好む女性がいる一方で、母親のように世話してくる女性はイヤがられがちですよね。尽くしすぎの境界線はどこにあるのでしょう。そこで今回は社会人男性に、彼女がまるで母親みたいになってきて引いてしまった経験を聞いてみました。

■朝電話してくる

・「朝電話してくるのが気持ち悪かった」(29歳/情報・IT/技術職)

・「朝起きたかどうかの電話を毎日してくるのは引く」(33歳/不動産/営業職)

実家にいれば、母親のモーニングコールで起こされた人も多いのでは? それを彼女にやってもらいたいかというと、多くの男性は首を横に振りそうですね。大事な日の朝に電話をかけてくるならともかく、毎日はやりすぎかも。

■食事を用意する

・「帰ってきたら、ご飯が全部できていて、歯磨きまで時間が決まっていた」(29歳/団体・公益法人・官公庁/クリエイティブ職)

・「遠距離の彼女が仕送りと称して、ご飯を送ってくれていた」(26歳/情報・IT/営業職)

彼女の手料理がイヤだという男性はあまりいませんが、彼女だからという理由で必要以上に食事を用意されても困りますよね。たまになら喜ばれるのかも。

■風邪の看病が重い

・「風邪をひいたときに大量の風邪薬を持ってきたとき」(30歳/金融・証券/営業職)

・「家遠いのに、風邪引いただけで看病しに来ようとしてたこと」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

彼女に風邪の看病をされると愛情を感じるかもしれませんが、引きはじめのときにわざわざ訪問して看病されても、困ってしまうという男性も。相手の様子を見つつで、心配しすぎはNGなのかも。

■勝手に掃除・洗濯をする

・「勝手に家に来て、掃除に洗濯をしてくれるようになったが、見られたくないものもおかまいなくだった」(36歳/機械・精密機器/技術職)

・「勝手に洗濯をされたとき。自分のやり方があるからやめてほしい」(34歳/商社・卸/営業職)

自分の部屋をきれいにしてもらえたり、洗濯してくれるのはありがたいこと。でも、自分でやりたい男性がいることも……。普通の男性であれば、勝手に掃除や洗濯をされると引いてしまいそうですね。

■服装をチェックする

・「出掛けるときに、着ているものをいちいちチェックする」(38歳/学校・教育関連/専門職)

・「服装の乱れのチェックや風邪をひいたときの看病など」(31歳/機械・精密機器/技術職)

自分の彼氏である以上、出掛けるときは一緒に歩いてもいいような服装でいてほしいですよね。ですが服のチェックは、相手の男性の感受性を否定することにもつながります。チェックするならさりげなさを心がけたほうがいいのかも。

■持ちものをチェックする

・「一緒に家から外出するとき、ハンカチやティッシュを持ってきたかなど質問してくること」(36歳/小売店/営業職)

・「毎日の持ちものまで細かく確認してくる」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ハンカチやティッシュ、スマホに財布など、忘れてはならないものはいくつかありますよね。だからといって彼女に毎回確認されると、母親じみていてイヤだという男性も。男性を不快にしてまでチェックすることではなさそうです。

■まとめ

「お風呂の準備されたとき。着替えくらい自分で用意できる」(28歳/医療・福祉/専門職)という声もありました。たしかに、母親じみているにしてもちょっと過保護ですね。あまり尽くしすぎてしまうと、それが当たり前になってしまい、恋愛関係から一変してしまうことも……。好きな男性には、母親のように接しないほうがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月17日~11月25日
調査人数:383人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]