お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

え、ウソでしょ……? 本当は喜べない友達の報告4つ

ファナティック

友達に「よかったね。おめでとう!」と言っている言葉とは裏腹に、心の中はモヤモヤ……。どんな報告を聞いたときにそう思うのでしょうか? 働く女性たちに調査してみました。

■結婚

・「友達の結婚しました報告。焦ってしまう」(23歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「結婚の報告。取り残される気分になるから」(26歳/その他/事務系専門職)

・「結婚や妊娠。置いていかれている気になる」(31歳/学校・教育関連/専門職)

自分ひとりが置いてけぼりにされてしまった気分から、焦りを感じてしまうと言うのはわかりますよね。

■玉の輿

・「結婚報告。お金持ちと結婚した人」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「あまり仲よくない子がめっちゃスペックいい人と結婚したとか」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

・「お金持ちの人と結婚したとか、うやらましい」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「超イケメン。高給取りの男性と結婚するという報告」(34歳/金融・証券/営業職)

隣の芝生は青く見えるもの。特にお金持ちとの結婚は、うらやましく思ってしまうのかも。

■恋人ができた

・「仲間だと思っていた友達からの彼氏できました報告」(24歳/金融・証券/営業職)

・「彼氏報告。うやらましい反面ずるいなと思ってしまう」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

恋人がいない者同士、仲よくしていたのに、その友達に彼氏ができてしまったら寂しくなってしまうもの。おめでたいことなのに、ひとりぼっちになった気分になってしまうのかもしれません。

■妊娠

・「妊娠報告。自分もほしいから素直に喜べない」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「友達の妊娠報告。自分がまだ子どもがいないから、嫉妬してしまう」(32歳/医療・福祉/事務系専門職)

子どもがほしいのにいない方にとっては、とてもデリケートな問題。言わないのも変ですが、妊娠報告は、相手の事情を理解した上で報告してほしいというのが本音かも。

■まとめ

結婚・妊娠・出産などの報告を、本当は聞きたくないと思っているという調査結果に。あなたが友達に報告する立場になったときには、今回の意見を参考に、友情も大切にしていることを伝えたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月11日~2016年11月24日
調査人数:120人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]