お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

わ、えげつない! 「本命彼女」or「キープ」かわかる男の行動5つ 

ファナティック

女性にとって、目指したいのは「本命彼女」の座。 しかし実際は付き合っているかどうかわからない、他に本命がいるかも? などと不安はたくさん。そこで、イマドキの男性たちに「本命相手とだけしたいこと」を聞いてみました!

自宅に招く

・「自宅に上げること。住所を知られると面倒なことも多いので」(34歳/その他/その他)

自宅に招くということは、自分の内面を見せることでもあります。本命にしかできない! と思う男性も多いようですね。自宅に招いてもらえたら、最初の関門はクリアしたといえそう。反対に、彼女の家には行きたがるけど、絶対に自分の家は知らせない彼氏には要注意かも!?

家族・友人への紹介

・「家族に紹介をしたうえで、5~6年付き合って結婚する」(37歳/その他/その他)

・「家族に会わせる。ばったり会うのも嫌だから」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「友人に紹介すること。あまり、自分の彼女を紹介と称して見せびらかす趣味はないが、結婚を考えているなど、将来が決まったら友人には紹介したいので」(30歳/食品・飲料/営業職)

自分の近しい人に紹介するのは、将来への布石でもあるのでしょうね。彼女としては、緊張する場面でもありますが、嬉しいですよね。

同棲

・「同棲。将来を真剣に考えたいから」(34歳/警備・メンテナンス/その他)

・「同棲生活。結婚する気持ちでけじめをつけるため」(28歳/その他/その他)

結婚ではなく同棲を提案されると、ちょっと不安になってしまう方はいませんか? しかし男性にとっては「結婚を意識するからこその同棲」といえそう。深く考えすぎず、彼を信じて大丈夫なのかもしれませんね。

まったりデート

・「お弁当を作って2人で公園に行きたい」(38歳/情報・IT/技術職)

・「1日一緒に出かけること。本命じゃない人は1日一緒にいたくない」(35歳/不動産/事務系専門職)

そんなに大げさなことではなくても、のんびり一緒に過ごしたいと思ってくれるのが、本命相手である証拠のようです。

コストのかかること

・「なんかお金を出しておごるということ」(32歳/その他/営業職)

・「遠出や旅行など、お金と時間のかかる外出」(33歳/機械・精密機器/技術職)

お金をかけることがマストではありませんが、多少のコストがかかっても彼女を喜ばせてあげたい! と思うのは、本命だからこその感情だからかもしれませんね。愛とお金は直接的には関係ないですが、ときにはお金をかけることが、愛情の指標となることもあるのでしょう。

まとめ

もうお付き合いも長いのに……こんな態度、全く見せてくれない! と思ったら、潔く新たな相手を探してみるのも一つの手です。自分のことを心から大切にしてくれる相手と出会えるといいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月9日~11月11日
調査人数:173人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]