お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

きゃわたん!! 女子の母性本能をくすぐる男子の特徴6つ

ファナティック

メンズ俺についてこい! なんて男らしいタイプの男性でも、女性と二人きりになると、かわいらしい一面を見せることもありますよね。そのギャップに、キュンときている人もいるのではないでしょうか。母性本能をくすぐる男性の特徴を、社会人女性に考えてもらいました。

甘えてくる

・「いつもかっこいいのに、二人きりになるとちょっと甘えてくる」(33歳/不動産/専門職)

・「二人きりになると甘える感じはかわいいと思う」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

いつもはクールに決めている男性が、二人きりになった途端、甘えてくることもありますよね。自分だけに甘えてくる姿を見ると、母性本能もくすぐられてしまうのでは。

笑顔

・「笑顔。ドキッとしてしまうのでいい」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「笑顔がクシャッとなる」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

彼の屈託のない笑顔を見ると、キュンとしてしまう人もいますよね。無防備な笑顔に、思わずギュッと抱きしめたいと思うこともあるのでは。

不器用

・「不器用な人。仕事はできるし家事もできるけど、ちょっと雑だったり料理がいまいちだったりと手伝いたくなる人」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

相手が不器用すぎると、何だかかわいらしく見えてくることもあるもの。思わず母性本能が働いて、手伝ってあげたくなりますよね。

ちょっとドジ

・「一生懸命なのにドジ」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「普段はしっかりしているのに、ときより抜けたところがあるちょっと天然な感じがする男性」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

男性の中でも、少しドジっ子な人はいるものですよね。私がついてあげていなくちゃと思うのは、母性本能の働きではないでしょうか。

失敗したとき

・「失敗したときなどに照れる仕草」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「いつもクールなのにお茶目な失敗をしたとき」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

かっこよく決めようと思っていたのに、失敗してしまったときの男性の照れる顔も、かわいく思えますよね。何ごともなかったようにしていても、それはそれで愛嬌を感じるのでは。

まとめ

男性のいろんな姿を見て、思わず母性本能がくすぐられることもあるようですね。計算してやっていると、ただ不気味なだけにも思えますが、無邪気な行動をみると、逆に抱きしめてあげたい気持ちになってしまうかもしれませんね。


(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数114件(22歳~38歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]