お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ここ職場だよ!? チャラすぎて驚いた男性の仕事服6選

ファナティック

チャラ社会人として、TPOに合わせた洋服を身につけることは最低限のマナーです。新入社員の頃は、かなり気を遣っていたけれど……仕事に慣れてきた今、「同僚の着こなしが気になる!」という方はいませんか? 職場に着てくるにしては、チャラすぎじゃない?と感じる男性のファッションアイテムやその特徴について、女性意見を聞いてみました!

半ズボン

・「夏場の短パン。いくら着替えるにしてもないです」(30歳/医療・福祉/専門職)

夏は特に「暑いから動きやすい服装で」という気持ちもわかりますが、半ズボンは、あまりにもラフな印象です。「え!? これからバーベキューですか!?」なんて、ツッコみたくなってしまいます。

アクセサリーにドン引き

・「ハワイアンジュエリーみたいのをシャツの中に付けていたときは引いた」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ゴツめのファッションリングを着けている人がいる。それは職場には似つかわしくないと思っている」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

好きなアクセサリーを身につけるとテンションが上がるのは、男女共通の感覚ですが、ジャラジャラし過ぎるのは禁物です。職種によっても異なりますが「仕事中は結婚指輪のみ」にした方が、好印象と言えそうです。

ダメージ加工

・「ダメージ加工がしてあるものはダメだと思います」(26歳/その他/事務系専門職)

・「ダメージジーンズ。あえて着てこなくてもいいと思う」(34歳/金融・証券/営業職)

ダメージ加工してあるデニムは、確かにかっこよくて魅力的かもしれません。しかし一般的な職場では「なぜ!?」というのがホンネだと言えそう。かなり自由な社風でない限り、避けた方が無難です。

派手すぎです!

・「ツイードのジャケット。派手すぎだと思った」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「グラデーションカラーのトップス」(31歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

いったい誰の目線を意識しているのか……。その真意が気になってしまいます。派手なファッションで周囲の目線を独り占めにしているつもりかもしれませんが、単純に度肝を抜かれている方も多いのでは?

ブランドアピール?

・「ビジネスバッグがわかりやすいブランドものだと、え?と思う」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

質が良く、流行に左右されにくいブランドアイテムは、働く男性にとっても強い味方! しかしあまりにも「ブランド」をアピールし過ぎていると、ちょっと嫌味な印象もアリ!? 魅力的な男性は、ブランド使いもさりげないもの。真似してみると、魅力もアップしそうです。

スーツでも要注意!

・「ピンクのストライプのネクタイ。ちょっと派手」(34歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「内側に花柄がかなりついているワイシャツ」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「スーツにやたらと目立つバックルのベルト」(25歳/金融・証券/事務系専門職)

「うちの会社はスーツだから……」と安心している方も要注意です! スーツアイテムの中にも、周囲から「チャラい!」と思われてしまうものがあるよう。実直さをアピールしたいときには特に! こんなアイテムの着用は、避けた方が無難です。

まとめ

仕事をがんばっていても、ファッションのせいで「チャラい」と思われてしまったら、ちょっともったいないかもしれません。将来の出世にも響いてしまいそうですよね。彼氏のお仕事ファッションで気になる点があれば、彼女として少しアドバイスしてみてはいかがでしょうか。より「仕事がデキる」印象に近づくのかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数117件(22歳~38歳の働く女性)

※この記事は2016年11月22日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE