お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

「同性から嫌われない女性」の共通点・6つ

ファナティック

男性からモテるというのも素敵なことですが、同じ女性同士からも人気が高い、嫌われないというのは、世の中うまくやっていくうえで大切なことですよね。今回は、女性から嫌われない秘訣は何か、社会人女性のみなさんに教えてもらいました。

■控えめでいる

・「謙虚でいること。でしゃばらなければ嫌われないと思うから」(32歳/商社・卸/その他)

・「でしゃばらない、自慢しない、近くなりすぎない。無難になるしかないと思う」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「その場の空気を壊さないような立ちまわりをする事。悪目立ちすると叩かれるから」(33歳/不動産/専門職)

自慢話をしないということを心がけるだけでなく、変に目立ちすぎないようにすることも女性同士では必要なのだとか。

■悪口は言わない

・「悪口を言わない、相手への敬意を忘れない」(33歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「人の悪口を言わないこと。また、それに加担しないこと」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

・「誰にでも公平で、陰口などを叩かないで明るくいること。信頼できる人だと思われることが大事だと思うから」(34歳/その他/クリエイティブ職)

他人の悪口ばかりを言う人は、自分の悪口を言われても仕方がありません。自分がされ嫌なことはしないのは当然のことなのでしょう。

■人によって態度を変えない

・「男性の前と、女性の前で態度を変えないこと」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「ぶりっ子じゃないこと。男女で態度を変えないこと」(23歳/商社・卸/営業職)

・「誰の前でも態度を変えない。年上年下、男女問わず同じ態度で接するのは誠実さの表れだと思うので」(23歳/食品・飲料/事務系専門職)

接する人によって態度を変えるというのは、目につく行動のひとつ。とくに男性の前で豹変する女性は同性からは疎まれるものです。

■ほどよく自虐的になる

・「程よく自虐ネタをはさむ。盛り上がるので」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「自虐的になること。自慢する女性は嫌われる」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「少し自分の欠陥部分を話すこと」(27歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

女性同士の中ではほどよく自虐的になることも必要なのだとか。ただあまり卑屈になりすぎるのもNGなのだそうです。

■サバサバした性格でいる

・「女っ気を出さないこと。サバサバした女は女にモテる」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

・「サバサバしてることや、相手の詮索などをあまりしないこと。自慢話はしないこと。女子同士うらやましがられることはしないようにしている」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「女を武器にしないこと。嫌味がないこと。それが大事」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

サバサバした性格のほうが、同性受けはいいという意見も多く見られました。カッコいい女性にあこがれる女性が多いのでしょう。

■笑顔でいる

・「常に笑顔でいることはまずは大切」(25歳/生保・損保/営業職)

・「笑顔で楽しくいること。素を見せること」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「愛嬌はある程度必要。かわいげがあること」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

愛嬌のある人というのは、異性から見ても同性から見ても魅力的。笑顔をキープする努力は大切なのだそうです。

■まとめ

人からの視線を気にして生きるのは少しばからしい気もしますが、とくに会社の中でうまく立ちまわっていくには、同性から嫌われないようにしたほうがなにかと得なのも事実です。同性からも異性からも人気の高い、魅力的な女性でいたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月30日~10月11日
調査人数:115人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]