お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

女子の本音! 彼氏やダンナさんの家族に初めて会ったときの感想11

ファナティック

レストラン将来を考えはじめる年代の女性にとって、「彼氏の家族に紹介されること」は、深い意味を持つ出来事です。「自分のことをどう思われるか」と共に、「彼氏がどんな環境で育ってきたのか」も気になるところ。初対面のときには、ドキドキしてしまいますよね。そこで今回は、アラサー女性の皆さんが彼氏やダンナさんの家族に初めて会ったときの印象について、詳しく教えてもらいました。

■好印象

・「旦那の家に初めて挨拶に行ったときは、すごく歓迎してくれてとっても話しやすいご両親でした」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「彼氏はこういう人たちに育てられたんだなと感慨深かった。親子仲がよさそうでよかった」(28歳/建設・土木/技術職)

圧倒的に多かったのが、彼氏の家族に対して好印象を抱いたという意見です。「優しそう」「気さくで話しやすい」など……女性側の緊張も高い瞬間だからこそ、良いギャップとなり、胸に残ることでしょう。

■ザ・親子

・「お母さんが優しそうで顔が似ているって思いました」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「彼氏とお母さんのしゃべり方がそっくりだった」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

親子ですから、彼氏と家族が似ているのは当然のこと。しかし彼女にとっては、なんだか少し不思議な感じ! そっくりなお父さん・お母さんの姿から、「将来の彼氏」までイメージできそうですね。

■自分の家とのちがい

・「自分の家とは全く違う雰囲気の家族だなと思った」(32歳/金融・証券/専門職)

・「若干カルチャーショックだった。あまり他人の家族については知らなかったので」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

自分の家の雰囲気と比較して、若干の違和感を覚えてしまう女性たちも……。独自の雰囲気に「馴染めない!」と思ったら、適度な距離感を保つのがオススメですよ。

■若い!

・「今の彼氏のお母さんと初めて会ったときには『お母さん若いっ!』と思った。それだけ」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

非常に率直な意見もありました。近年は「年上彼女」×「年下彼氏」という組み合わせも増えていますから、こんな感想を抱く女性も多いのかもしれませんね。素直な気持ちを彼のお母さんにそのまま伝えて良いものかどうか……迷ってしまいます!?

■まさかの悪印象

・「面倒そうだと思った」(29歳/金融・証券/経営・コンサルタント系)

・「お母さんが私に対して敵意を向けていた気がする」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

残念ながら、初対面のときに微妙な印象を抱えてしまった女性たちも……。初対面での印象は、後々まで引きずりやすいものでもあります。その後一気に距離を縮めるのは、正直、難しいかもしれませんね。

■レアパターンもアリ!?

・「初めて会ったときに、同居を勧められた」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「福岡出身の彼で、両親の福岡弁なまりがきつくて、何言っているのかわからず、彼の通訳が必要だった」(31歳/情報・IT/その他)

まさか初対面で、こんなことを言われるなんて……!? まさかのレアケースに遭遇した女性たちの意見です。次にこんな体験をするのは、あなたなのかもしれません。何を言われても動じない覚悟を決めていきましょう!

■まとめ

良い印象を挙げる意見が多数ですが、中には悪い印象を抱いてしまった方もいるようです。とはいえ、自分自身の印象を悪くしても得なことはありません。どんな両親であっても、心を込めてご挨拶できると良いですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数106件(22~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]