お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

恋愛相談って口実!? 彼女以外の「女友だち」がいる男性⇒16%! 

ファナティック

彼女は大切にしたいですよね。ですが彼女とだけ一緒にいると、女心がわからず苦労することもあるかと思います。男性もほかに女友だちを作って、恋愛相談するべきなのでしょうか? そこで、男性のみなさんにこんな質問をしました。

Q.彼女以外、恋愛相談にのってもらう「女友だち」はいる?

いる……16%

いない……69%

どちらとも言えない……8%

わからない……7%

約2割の男性が、恋愛相談にのってもらう「女友だち」は「いる」と回答。それぞれの回答の理由を見ていきましょう。

<「女友だち」はいる!>

■どんな相談にものってくれる!

・「学生時代の女友だち。電話すれば相談くらいには乗ってくれると思う」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「なんでも相談できる女友だちがいます」(28歳/商社・卸/営業職)

友だちのいいところは相談にのってくれるところ。付き合っている彼女のことで恋愛相談をしても、受け入れてくれるでしょうね。

■女性としての意見をくれる

・「一応いる。呼び出してメール解析をしてもらった」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「客観的な意見を聞きたいから」(32歳/食品・飲料/技術職)

自分の中では彼女=女性かもしれませんが、彼女もたくさんの女性のうちのひとり。女性としてどうか?という判断は、女性にしてもらうと確実かもしれませんね。

<「女友だち」はいない!>

■相談はできない……

・「女性に本音は打ち明けられないから」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

・「女性に相談するのは危険だと思う」(28歳/情報・IT/技術職)

もし彼女ともつながりのある女性なら、よかれと思って彼女のほうに相談内容を話してしまうかも。相手が抱えきれないほど重い相談はしないほうがよさそうです。

<どちらともいえない!>

■相談とは?

・「いるけどほとんど連絡してない」(26歳/金融・証券/専門職)

・「どこまでが恋愛相談なのかわからない」(35歳/金融・証券/営業職)

彼女のことを話せる女友だちはいても、連絡していなければ相談になりません。また、彼女の話題でもただの愚痴か相談かと言われると、線引きがむずかしいですね。

■まとめ

異性に対する経験は、異性と接していないと積めません。女きょうだいや女友だちのあまりいない環境で育った人にとっては、相談できる異性がいたほうがいいのかも。一方で、考えてみて正直に「わからない」(39歳/商社・卸/営業職)という人もいました。みなさんはどう思いますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月10日~7月8日
調査人数:108人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]