お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 生活

ナイキから“どこまでも走れそう”なおしゃれなランニングシューズが発売

6月29日(水)、ナイキは駒沢オリンピック公園で新商品の発表イベントを開催しました。今回発表されたのはランニングシューズ『ナイキ ルナエピック フライユニット』シリーズの最新作です。ローカットモデルが6月30日に発売されました。

『ナイキ ルナエピック フライユニット』をプレゼンテーションするナイキ・ジャパンの古磯真弥さん

新商品のプレゼンテーションに続いて、現役アスリート3名によるトークセッションが行われました。司会を務めたのは元陸上選手の為末大さん。

左からリオデジャネイロ五輪の男子1万メートル、5000メートル日本代表の大迫傑選手、青山学院大学陸上部の藤森安奈選手、東洋大学陸上部の服部弾馬選手

三者三様に『ナイキ ルナエピック フライユニット』の魅力を語りました。

大迫選手は同製品をウォーミングアップなどで使用するほか、「おしゃれなのでシンプルにジーパンに合わせても使っている」とタウンユースもしているとのこと。
藤森選手も初めて同製品を見たときに「本当にランニングシューズ!?」とその特徴的で洗練されたカタチに驚いたことを語りました。
服部選手は『ナイキ ルナエピック フライユニット』のコンセプト「RUN FOREVER」通り「履いたときのフィット感がすごく、気持ちよく走ることができた」と語りました。

トークセッション後は、実際に『ナイキ ルナエピック フライユニット』を履いて走ってみるというランセッションが開催され、為末さん、大迫選手、発表会出席者が参加した。

(マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]