お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

友だち辞めようかな……。ドン引きした女友だちの〇〇な部屋10!

ファナティック

女子の部屋と言えば、かわいくてキレイ……と思っていたら大間違い!? 女子の中にはびっくりする位、部屋が大変なことになっている人も。そこで同じ女性としてつい驚いてしまった、ドン引きした女友だちの部屋について働く女性に聞いてみました。

部屋が大惨事!

・「ゴミが床に大量に落ちていた。お風呂は変な色の見たことないような紫のカビがはえていた」(38歳/情報・IT/事務系専門職)
・「脱いだ服とか下着が床に散乱してる部屋、脱いだら脱ぎっぱなしで衣装ケースもタンスも機能していない感じでひどい」(34歳/小売店/販売職・サービス系)
・「床にものだらけの状態で、家に招かれた。人を呼ぶなら、そのときだけでも片付けておいたらいいのにと思った」(34歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

部屋を見た瞬間、足が凍り付いてしまいそうなのがこんな部屋。女性の部屋としては普通あり得ないカオスな世界が広がっていると、「友だち辞めようかな……」なんて思ってしまいそう!? 円滑な人間関係のためには、部屋の掃除も欠かせません。

女子部屋じゃなくて子ども部屋

・「アニメグッズ、ポスター、フィギュアだらけ。かわいいとは思うが、ここまでするのが理解できない」(24歳/食品・飲料/専門職)
・「40近くになっているのに、部屋がぬいぐるみだらけだった」(38歳/小売店/事務系専門職)
・「年がいもなくキラキラ。目が疲れる」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

子どものときに夢がかなえられなかった反動なのか何なのか、いい年なのにまるで子ども部屋みたいなインテリアにはまる女子も……。インテリアへの思いやこだわりは、ときに同じ女子から見ても理解不能なことがあります。

髪の毛があちこちに……

・「髪の毛がいっぱい落ちており、クッションなども汚れていた。しかし、本人はすごく潔癖だと言っていて、すごいびっくりしたことがあった」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「洗面所が髪の毛だらけで掃除してないのだなと、不潔に感じた」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

女性の場合は長いことも多いだけに、落ちていると目立ってしまう髪の毛。常識の範囲内ならしょうがないとして、あまりにたくさん落ちているとゾッとしてしまいますよね。落ちている量によって「掃除していない期間」が想像できるせいでしょうか。

当たり前なものがない、壊れている

・「カーテンレールが外れて壊れていたり、壁紙などがはがれていたこと。普段はキチンとしている印象だったが、意外とインテリアには無頓着なタイプだったのがわかった」(39歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)
・「節約など無縁な生活をしていると思っていた派手目の女の子の部屋に、エアコンがなく扇風機とヒーターが置いてあった。飲み歩くならエアコン買えるでしょ」(35歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

そこにあるべきものがない、または毎日当たり前のように使うものが壊れていると、日々の暮らしぶりがどうなっているのか心配に……。ないならないで慣れてしまうものですが、同じ女子として、最低限必要なものはキチンとそろえてメンテナンスしておいてほしい!?

まとめ

それが悪いとは言わないものの、「ちゃんとしよう」なんてつい言いたくなってしまう、ドン引きする女友だちの部屋。こんな小言を友だちから言われる前に、もう一度自分の部屋、ぜひ見直してみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数199件(22歳~39歳の働く女性)

※この記事は2016年04月26日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE