お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女子の赤裸々なトイレ事情! トイレットペーパーはシングル派? ダブル派?

ファナティック

ペーパーお店にはたくさんの種類のトイレットペーパーが並んでいますが、シングルにするかダブルにするか迷ってしまうという人もいるのではないでしょうか。みんなはどんな点を重視してトイレットペーパーを選んでいるのでしょう。社会人の女性のみなさんに聞いてみました。

Q.家のトイレットペーパーを買うなら、どっち派?

シングル派……48%
ダブル派……52%

およそ半数ずつに分かれる結果となりました。それぞれの理由を見てみましょう。

【シングル派の意見】

エコで経済的

・「ダブルだと、すぐになくなってしまう気がするから」(32歳/不動産/専門職)

・「シングルでも十分厚手なものが多いので、ダブルはムダだなと思う」(26歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「癖でたくさん巻き巻きしちゃうから、ダブルだとすぐなくなって買いに行くのが大変」(29歳/医療・福祉/専門職)

ダブルよりも価格が安いものが多く、長さも多く取れるのがシングルのいいところ。心なしかダブルよりも1ロール当たりの持ちがいい気もしますよね。昨今のシングルは紙質の改良により使い心地もよくなっています。エコや節約にも一役かってくれそうですね。

使い勝手がいいから

・「シングルを倍とればダブルと同じ量にできるので、調節しやすいシングルのほうがいいと思うから」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ダブルはごわごわして苦手」(32歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「昔から使いなれているので、シングルがいい」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

構造がシンプルな分、シングルのほうが使いやすいという意見も。トイレットペーパーは必ずしも毎回同じ量を使うとは限らないため、量を調節しやすいのはシングルのメリットとも言えるでしょう。

【ダブル派の意見】

ダブルならではの肌触りのよさ

・「肌に優しい柔らかい感じがするから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「ダブルの柔らかさを知ったら、シングルに戻れない」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「シングルはお尻が痛くなる……」(28歳/不動産/事務系専門職)

ダブルの魅力はなんといってもその柔らかさ。しっかり拭いてもガサガサとした摩擦を感じない優しい使い心地は、対価相応価値があります。デリケートな部分に使用するものだからこそ使い心地にはこだわりたいですよね。

結局、使う量は同じ!?

・「シングルはケチっている感じ。結局ダブルぐらいの量を使ってしまうし」(28歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「シングルだと、ついついたくさん使ってしまうから」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

節約のためと思ってシングルを使っても、結局は同じ量を使ってしまうという意見も。厚みがない分、ダブルの倍の長さを使ってしまえば結果的には高上がりになってしまうこともあります。節約は価格だけではなく普段からの使い方を考えることも大切ですね。

まとめ

どちらにもそれぞれの特徴がありますが、経済的であることを重視するならシングル、使い心地を重視するならダブルといったところでしょうか。近年はエコを重視した商品もたくさん展開されているトイレットペーパー。この機会に消耗品の使い方を考えてみるのもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答数170件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2016年04月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE