お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

バカにされたくないっ……! 女子がメイクで気合が入るとき5選

ファナティック

気持ちを切り替えるためには、服や髪型、靴やバッグなどの小物を変えてみるだけでも雰囲気はガラッと変わるもの。「今日はいつもより力を入れたい」という気持ちが、メイクやファッションに表れるものです。そこで今回は、メイクで気合いが入るときについて、働く女子のみなさんに聞いてみました。

デートのとき

・「デートのとき。かわいく見せたいので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「気になる人とデートのとき。きれいだと思ってもらいたい」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

・「彼氏とデートするとき。オシャレに気を使う人なのでこちらも気合を入れます」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

やはり気合が入るのはデート前。いつもより入念なメイクをして、彼に「かわいい」と思ってもらうために張り切りますよね。完璧と思えるメイクができたら、身も心も引き締まるもの。

合コンの前

・「合コンのとき。いい出会いがほしいから」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「合コンのとき。初めの印象が一番肝心だから」(27歳/その他/専門職)

第一印象がすべてを決めるといっても過言ではない合コンの顔あわせ。初対面で相手をドキッとさせられるような女子に変身するために、メイクも心なしかていねいに。

女子会の前

・「女友だちと会うとき。デートのときより気合が入る。ばかにされないように」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「女子会のとき。女子同士の目が一番厳しいので……」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「女子会の前。美容関係の子ばかりなのでみんなきれい」(24歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

オシャレな友だちが集まる女子会は、お互いに目を光らせるいわば勝負の場。同性からの褒め言葉をもらうためにも、メイクに気合いが入ります。

久しぶりに友だちと会うとき

・「久しぶりの友人に会うとき。少しでも『きれいになっているな!』と思わせたい」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「同窓会は気合が入る。やっぱり若いときのイメージを壊したくないと思うから」(29歳/情報・IT/技術職)

・「久しぶりに会う友だちのときは気合いが入る。ダサいと思われたくないから」(25歳/農林・水産/その他)

数年ぶりに会う友だちの記憶にある自分より、今の自分のほうがもっときれいでいたいですよね。「きれいになったね」といわれたら、やっぱりうれしいもの。いつもよりゆっくりメイクの時間をとりたいですね。

会議やプレゼンをする朝

・「セミナー講師を務めるときなど、大勢の注目を受ける仕事のとき」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「仕事でプレゼンするとき。人前に立つときは基本張りきってメイクするようにしています」(31歳/情報・IT/営業職)

多くの人の前に出て発言をするとなると、当然人の目は自分に集まってきますよね。責任ある仕事をするためにも、まずは身だしなみから整えるため、メイクで気合いを入れているみたいです。

まとめ

デートの前や女子会、プレゼンの朝など、「ここぞ」というときにするメイクはいつもより気合が入るもの。時間をかけたぶん、相手からいい印象を持ってもらえたときがうれしいですよね。あなたにも、メイクで気合いが入るときはありますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年3月にWebアンケート。有効回答数134件(22歳~34歳の社会人女性)

※この記事は2016年04月12日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE