お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【男女のちがい】恋人の誕生日デートの日に急な仕事が入った場合、どちらを優先する?

ファナティック

カップルにとって、彼氏・彼女の誕生日といえば一大イベントです! 大好きな相手が生まれた特別な日を、盛大にお祝いしてあげたいですよね。しかし、社会人とは厳しいもの。大切な日に限って、重要な仕事を任されてしまうことだってあるでしょう。もしも、あなたがこんな状況に直面したら、選ぶのは「恋人との時間」? それとも「仕事」? 男女の意識に差はあるのか、調査してみました。

Q.恋人の誕生日デートの日に急な仕事が入った場合、どちらを優先しますか?

【女性】
「誕生日デート」……30.3%
「仕事」……69.7%

【男性】
「誕生日デート」……34.9%
「仕事」……65.1%


男女どちらも、6割以上の方が「デートよりも仕事優先」と答えました。しかし意外なことに、「デート」を選んだ方の割合は、男性のほうが高い結果に! 男女それぞれの意見も紹介します。

<女性の意見>

■誕生日デート

・「仕事は私以外でも勤まるけど、デートの相手は自分しかいないから」(29歳女性/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「予約などをしていた場合、キャンセルしないといけない。彼氏をひとりで待たせることになるので。仕事は自分以外の人でも対応できる」(28歳女性/情報・IT/技術職)

仕事はチームでするものですから、実は「本当に自分でなければ駄目な仕事」って少ないのかもしれませんね。こんなときのため、普段から周囲との絆を深めておくことも、働く女性たちの知恵だと言えそうです。

■仕事

・「急な仕事ということは、緊急の可能性もある。恋愛も大切だけど、生きていくためには仕事も大事」(31歳女性/学校・教育関連/専門職)
・「仕事は人生にかかわるから、できるだけ早く仕事を終わらせるようにして、そのあとデートに向かう」(29歳女性/ソフトウェア/技術職)

男性と同じく、社会人としての役割について語る意見が目立ちました。お互いにもう、仕事の重要性と、その意味がわかる時期でもあります。デートできないからといってダダをこねるのは……ちょっと恥ずかしいのかもしれませんね。

<男性の意見>

■誕生日デート

・「デートを選ばないと、『私なんかいなくてもいいんでしょ』病が始まり、あとあと何時間も、下手したら何日も暗い生活が待っているかと思うと、デートを優先せざるを得ない」(32歳男性/その他/事務系専門職)
・「年に一回しかなく、断ることで嫌な思いをさせてしまう」(29歳男性/自動車関連/販売職・サービス系)

男性でデート優先と答えたのは34.9%! 過去にトラブルになった経験から、「彼女優先が、結果として一番スムーズ」と考える方も多いよう。たとえ言葉にしなくても、微妙な感情はきっと彼氏に伝わっているのでしょうね。

■仕事

・「彼女も働いているので、そこは理解してくれる。後日穴埋めすればいい。その日が大事なわけではなくて、やることが大事」(31歳男性/情報・IT/技術職)
・「仕事を優先し、後日あらためて誕生日のお祝いをする。仕事を優先することを理解してくれる彼女じゃないと付き合っていないと思います。同じ価値観かどうかは、付き合ううえですごく大事だと思います」(29歳男性/小売店/販売職・サービス系)

「社会人としては、仕事を優先せざるを得ない!」という意見が目立ちました。仕事がなくなれば、華やかなデートも不可能に。そこをしっかりと、彼女に説明している方も多いよう。

まとめ

さすがアラサー世代!? 男女ともに、相手の仕事に理解を示す意見が目立ちました。お互いに気持ち良く仕事ができるからこそ、楽しいデートもできるのかもしれませんね。ドタキャンされると悲しくなってしまいそうですが、ぐっとこらえることも大人としてのたしなみなのでしょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年3月にWebアンケート。有効回答数539件。22歳~39歳の社会人男性・女性)

※この記事は2016年04月08日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE