お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【男子のホンネ】失恋したあとの“恥”行動4選

ファナティック

好きな人に振られると、とてもつらい気持ちになるのは、何も女性だけではありません。男性も失恋するとつらくてたまらないものです。そこで今回は男性のみなさんに、振られたときにとった行動のなかでもっとも恥ずかしい行動について、お話を聞いてみました。

泣いた

・「逃げるように泣きながら帰った」(31歳/運輸・倉庫/その他)

・「会社で大泣きしてしまった」(39歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「泣く。ひたすら泣く」(27歳/商社・卸/販売職・サービス系)

男性も泣いてしまうことはあるでしょうが、女性の前で涙を見せるのは恥ずかしいと思うようです。振られたショックで、思わず泣いてしまった姿は、できれば誰にも見られたくないと思うのでしょうね。

ヨリを戻したがった

・「もう一回考え直してくれと頼んだこと」(29歳/その他/販売職・サービス系)

・「もう一度付き合ってほしいと駄々をこねたこと」(34歳/医療・福祉/その他)

・「振られて1週間後にヨリを戻したいと言い出したとき」(31歳/機械・精密機器/技術職)

彼女に振られてしまったら、できれば潔く、相手のことをきっぱり忘れてしまうほうが、男らしいような気もしますよね。ついヨリを戻したいと彼女に言い寄ってしまうのは、やっぱり恥ずかしい行為だと思っているようです。

やけ酒を飲んだ

・「やけ酒してへべれけの状態で上司に電話をしてしまった」(29歳/自動車関連/その他)

・「スナックで酔いつぶれて、トイレに閉じこもった」(37歳/建設・土木/技術職)

・「友人と飲みに行って記憶を無くした。翌日、何があったかを誰も教えてくれなかった」(38歳/学校・教育関連/経営・コンサルタント系)

振られたことがショックで、ついお酒に逃げてしまう男性も少なくないようですね。お酒の力を借りないと、立ち直ることができないのかもしれません。

その他

・「一人部屋でなぜか笑いが止まらなくなった」(32歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「冬の夜中の12時過ぎにバイクで2時間くらいかけて彼女宅の前までいったものの、何もせずに帰った。寒かった〜」(36歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「別れのメールを長々と送った」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

別れのメールを送ってしまったなど、他にも彼女に振られたとき、つい女々しい行動をとってしまった男性もいるようです。男性がこんなにショックを受けていると知ったら、女性としては、こんなに好かれていたんだ、と思えるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか? 彼女に振られて、素直に悲しみを表せる男性もいれば、人前では平気なように振る舞う男性もいましたね。女性も男性も失恋したら、傷心のあまり人には言えない恥ずかしい行動をしてしまうのは同様のようですね。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年2月26日〜2月29日
調査人数:409人(22歳〜39歳の男性)
※画像はイメージです

※この記事は2016年04月07日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE