お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
生活

いつの間にか増えてる……!? 働く女性が実践している白髪ケア4つ!

ある日鏡を見てみたら、昨日までは気づかなかった白髪を発見してしまい、気分が落ち込んでしまった経験はありませんか? 白髪はアラサー女性にとって避けることのできない老化現象のひとつでもあります。そこで今回は、いつまでも若々しくいるために実践している白髪ケアを、社会人の女性に聞いてみました。

Q.白髪が目立たないように、何かケアをしていますか?

はい……9.9%

いいえ……90.1%

少数ではありますが、白髪ケアをしているという女性もいるようです。どのようなケアをしているのか聞いてみました。

ヘアカラーで白髪を隠す

・「白髪染めをサロンでしてもらっています」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「月2回、染めに行っている」(31歳/情報・IT/技術職)

白髪は放置しておくと、根元からどんどん生えてきます。白髪をカバーするには、こまめにカラーすることがもっとも簡単な方法。少々手間とお金がかかりますが、放置して一気に染めるよりも自然な髪色をキープできるようです。

家でできるカラーケア

・「ヘナでトリートメント」(32歳/アパレル・繊維/経営・コンサルタント系)

何度も美容院に行くのが大変という人は、シャンプーしながら自然に髪色をととのえることができるヘナを使うという手もあります。一気に色が変わるわけではなく徐々に色づいていくため、周囲にも染めていることを気づかれません。

スカルプケアで白髪を予防

・「シャンプーのときに地肌をマッサージする」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

健康的な毛根を維持することは白髪防止にもなりますよね。正しい地肌マッサージを覚えて、毛根を清潔に保ち、ツヤとハリのある髪を育てれば、白髪を目立たなくすることができるかも!?

白髪はまだ数本という場合は

・「まだ本数も多くないので、生えたらすぐに根元で切るようにしている」(28歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・「見つけたらすぐに切る!」(31歳/その他/クリエイティブ職)

白髪は数えるくらいという人は、根元からカットして目立たなくすることができますよね。医学的根拠はないそうですが、抜くと白髪が増えるという説や薄くなる可能性もあるので、はさみで切るのがベストですよね。

まとめ

アンチエイジングを心がけている女性にとっては白髪は大敵ですが、工夫次第で白髪とうまく付き合っていくことも可能です。「どうせもう歳だし……」と落胆せずに適切なケアをして、すてきに年齢を重ねていきたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年2月にWebアンケート。有効回答数151件。22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]