お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 グルメ全般

ケチ? ワリカンが当然? ランチをおごってくれない上司や先輩に思うこと・3選

上司や先輩とのランチ。働く女性ならそういう機会も少なくないと思いますが、ランチ代は上司や先輩がおごってくれるだろうと期待しているもの? それともワリカンが当然だと思っているのでしょうか。今回は、一緒にランチに行った上司や先輩がおごってくれなかったとしたら「ケチ」だと思うかどうか、働く女性に聞いてみました。

Q.上司や先輩とランチに行って、おごってくれなかったらケチだと思いますか?

「思う」……36.0%
「思わない」……64.0%

おごってくれない上司や先輩に対して、ケチだと思う女性が約4割。では、どうしてケチだと思うのか理由を聞いてみましょう。

上司や先輩のほうが稼いでいるから

・「年上で自分のほうが稼いでいるんだったら、おごってくれてもいいのではと思うから」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「自分よりもお金を持っているから」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「先輩はともかく、上司との食事なんておごってくれるというメリットしかない」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

上司や先輩はほとんどが自分よりも年上で社会人経験も長い。ということは、給料も自分よりはいいはずだから、おごってくれてもいいだろうということみたいです。そもそも上司とのランチは好き好んでいくわけではないので、おごってくれないとメリットが感じられないようですね。

では、おごってくれなくてもケチだとは思わないという女性にも理由を聞いてみましょう。

おごってくれたらうれしいが期待はしない

・「おごってくれたらうれしいが、上司だからと言っておごる必要はないと思うので」(32歳/生保・損保/営業職)

・「自分が上司だったら、毎回どの部下にもおごらなければならないのは、正直きついと思うので」(23歳/情報・IT/技術職)

・「家庭の事情もあるだろうし、子育てなどでお金が必要な時期だと思うので、それほど期待していない」(25歳/食品・飲料/専門職)

ランチ代をおごってくれたらうれしいとは思うけれど、それが当然だとは思わない、期待していないという女性も。もし自分が上司や先輩の立場で、毎回おごることになったら正直なところキツイので、おごることが当たり前とは思えないようです。

申し訳ない気がする

・「何回も行きたいから。毎度おごってもらうと気を使う」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「上司だってお小遣いで生活をしているから、そのお小遣いを使ってしまったら申し訳なく感じる」(24歳/建設・土木/技術職)

・「あまりしょっちゅうおごってもらっていたら、次のランチに誘われても行きにくいので、最初から割り勘のほうが何度も行きやすい」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

頻繁に上司や先輩とランチに行くという女性は、毎回おごってもらうのは申し訳ないので、最初からワリカンのほうがいいと思うみたいです。上司や先輩も家庭があるし、やりくりも大変だろうから、大事なお小遣いの中からおごってもらうと罪悪感があるようです。

まとめ

一緒にランチに行っても楽しくない上司に、仕方なく付き合っているという感じなら、おごってもらっても当たり前だし、割り勘だったらケチだと思ってしまう人も少なくないようですね。ただ、自分も好きでランチを一緒にしているのなら、申し訳ない気持ちになるという人も。上司や先輩との関係によってもおごってくれないことを「ケチ」だと思うのか、そうでないのかが変わりそうですね。どちらにしても「おごってもらって当然」という態度は見せないように気をつけたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答数177件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]