お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メイク

うえーん、がんばったのに……! 男子に聞いた「好きなネイルとドン引きするネイル」

ファナティック

ネイルのお手入れを欠かなさいという女性もいると思いますが、あまりにも凝りすぎてしまうと、かなり派手な仕上がりになってしまうことも。場合によってはまわりから引かれてしまうこともあります。そこで今回は男性のみなさんに、女性の好きなネイルとドン引きしてしまうネイルについて、お話を聞いてみました。

<好きなネイル>

■ピンク系

・「ウルウルしたピンク色のネイル」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

・「自然なピンクのネイル」(29歳/金融・証券/営業職)

・「薄いピンクなどの軽いマニキュアぐらいで十分だと思う。ラインストーンなどでゴテゴテした爪はあまり好きじゃない」(32歳/学校・教育関連/専門職)

あくまでもナチュラルにみえるピンク色のネイルに、好感を抱く男性は多いようです。あまり濃い色よりは、少し薄目のピンクのほうが、男性には人気があるみたいですね。

■控えめシンプル

・「グラデーションのきれいなもの」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「シンプルなワンカラー、もしくはネイルなしが好きです。派手なのは嫌いなので」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「控えめな薄い色合い」(33歳/運輸・倉庫/その他)

派手すぎるネイルよりは、自然にみえるような控えめな色合いのネイルを好む男性もいるようですね。オシャレすぎるネイルだと、男性には理解してもらえないかもしれませんね。

<ドン引きするネイル>

■ゴテゴテしたネイル

・「ゴテゴテしたネイル。不衛生だから」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「爪が爪に見えなくなるほどゴチャゴチャしたネイル」(27歳/その他/事務系専門職)

・「はっきりした色の単色やゴテゴテのデコレーション」(33歳/運輸・倉庫/その他)

デコレーションをしすぎたネイルというのは、男性からは少し不評のようですね。爪が見えなくなるほど飾り付けをしすぎると、もはやネイルか何なのか男性には理解できないかもしれませんね。

■派手なネイル

・「派手派手なネイル」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「デコレーションが派手なもの」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

・「派手な色と模様のネイル」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

派手すぎる色のネイルは、男性も思わず引いてしまうことがあるようですね。原色に近い色のネイルやネイルアートなどはかわいく見えるものですが、男性からの好感は得られないかもしれません。

<まとめ>

全体的に、ネイルはナチュラルなものを好む傾向の男性が多いようですね。ネイルをしていると、いろいろな模様をいれてみて可愛らしく仕上げたいと思うものですが、彼とのデートのときなどは避けておいたほうが無難かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年3月にWebアンケート。有効回答数104件(22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]