お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 節約・貯金

【本気で見直しスマホ代】第1回 料金プランを見直すだけで大幅節約!

古作光徳

スマホの料金って高いと思ったことありませんか? とはいえプライベートはもちろん、お仕事にも欠かせないツールだったりするからこそ削れない出費……。本当にそうでしょうか。 実は、スマホの料金ってムダな部分が多いので、プランやオプションをちょっと見直すだけで大幅な節約につながることも多いんです。新生活をはじめる春こそ、通信料を見直しましょう!!

“高い”スマホの料金をかしこく節約する方法を全4回にわたって紹介したいと思います。第1回は料金プランの見直しです。

本当はすごくシンプル!? まずはスマホの料金体系をおさらい

スマホの料金プランってすごく複雑だし、素人目にはわからない。というイメージを持っている人も多いのでは? しかし、スマホの料金プランは、基本的に「通話料」とデータ通信を行うための「通信料」を組み合わせるだけの至ってシンプルなものなんです。この料金体系は、ドコモやau、ソフトバンクといった携帯電話の大手3社は実はどこも同じ。プランや料金も大手3社ならほぼ一緒と思っていても問題ありません。この「通話料」と「通信料」をベースにインターネット接続サービスの基本料金や留守番電話などのオプション料金が加算されたものが、月額利用料です。月々の支払い額をお得にするためには、まずベースとなる通話料金と通信料金の無駄を見直すことがとても大切です。

電話をあまりかけない人ならプラン見直しで即節約!

2016年3月現在、大手3社の話し放題プランに加入している人の場合、月2700円の通話料が発生しています。しかし、実際には通話はあまり使っていない……という人の場合は、話し放題のライトプランに切り替えることで月1000円程度の節約になります。ドコモなら「カケホーダイライト」、auなら「スーパーカケホ」、ソフトバンクの場合は「スマ放題ライト」がこのプランにあたります。これらのプランは、月1700円で1回5分以内の通話なら話し放題となるので、1回当たりの通話時間が短い人ならお得になるでしょう。ただし、通話時間が5分を超えると30秒20円の料金が発生してしまいます。制限のない話し放題プランとの差額は1000円なので月25分以上の無料通話分を超えてしまうと逆に高くなってしまうので注意が必要です。

さらに、auとソフトバンクユーザーでほとんど通話しない人なら月額934円の基本料金に変更することで2000円近くも料金が節約できます。1時から21時までならau同士やソフトバンク同士での通話は無料となりますが、時間外や他社ユーザーとの通話は30秒ごとに20円掛かかります。なので、40分程度の通話でライトな話し放題プラン、70分弱の通話でかけ放題プランと料金が変わらなくなってしまう点に注意しましょう。

●音声通話の少ない人のプランの見直し方

大手3社共通

・1回5分以上の電話をかけることがほとんどない人⇒ライトプランへ乗り換えると1000円節約

au、ソフトバンク

・ほとんど電話をかけない人(同キャリアで1時~21時までならOK)⇒基本料金へ変更すると1766円節約

通信料の節約には自分の使用量を知るのが大事!

メールやLINE、Webサイトを見るときに必要になるのがデータ通信です。このデータ通信プランは、通常で2~8GB、家族とシェアしている場合は10GB以上のプランを選択している人が多いようです。ひとりで利用している人の場合、お店に勧められるまま5GB~8GBのプランを選択している人が多いのでは?

しかし、実際に通信容量の上限ギリギリまで使っている人はあまりいません。多くの人が通信できる容量を余らせてしまっているようなんです。その余った部分を翌月に繰り越すこともできますが、同じ頻度で使っていれば、翌月も通信容量を余らせてしまうだけですよね。こういった無駄を省くため、自分がどれだけデータ通信を利用しているか確認してみることが大事です。自分が実際使っているデータ通信容量+αのギガ数プランに変更することで大きく節約できます。たとえばドコモの8GBプランを5GBにするだけで1700円、2GBにすれば3200円もお得になるんです。

ただし、通信容量をオーバーしてしまうと通信速度が大きく制限されてしまうため、メールやLINEのメッセージ送受信程度なら行えますが、Webサイトを見たりゲームや動画を視聴したりすることは難しくなるので注意しましょう。また、もっともリーズナブルな2GBなどの小容量プランは、制限なく通話し放題のプランへの加入が必須となるため、前述の通話料の話と合わせてトータルで判断しましょう。

スマホのデータ使用量は、各携帯電話会社のマイページから確認できます。

筆者の場合は、5GBプランで3GB以上のデータ通信が繰り越されていました……。

●通信料の見直し方

・自分の通信プランの通信容量(何GBか)をチェック

・自分の携帯会社のマイページで、自分のスマホデータ使用量をチェック

・自分のプランよりも大幅に使用量が少ない場合、自分の使用量+αのGBプランに変更

※2GBなどの小容量プランは通話し放題プランへの加入が必須となるので注意

まとめ

今回は、通話料金と通信料金のプラン見直すことでスマホ代を節約するといったテクニックを紹介しました。一番大事なのは、自分がひと月にどれだけ電話をかけ、どのくらいのギガ数通信容量を使っているのかを把握することです。それに合わせて料金プランを見直せばいいわけです。次回は、ムダなオプションを見直す節約術を紹介していきたいと思います。お楽しみに!

(古作光徳)

★【本気で見直しスマホ代】第2回 ムダなオプションの見直しが大事! を読む

★【本気で見直しスマホ代】第3回 割り引きや裏技でもっとお得に! を読む

★【本気で見直しスマホ代】第4回 電力自由化と格安SIMも検討しよう! を読む

お役立ち情報[PR]