お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

カチンときちゃった……! 彼にストレスから来るイライラをぶつけてしまった理由3つ!

ストレスがたまると普段なら受け流せることでもイライラしてしまったり、人に八つ当たりしてしまったりということってありますよね。冷静になってみると「何でこんなことで」と反省する気持ちもわいてくるものの、そのときには抑えきれない。今回は、そんなストレスからくるイライラを彼にぶつけてしまったエピソードについて、働く女性に聞いてみました。

Q.今までに、彼にストレスから来るイライラをぶつけてしまったことはありますか?

「ある」25.6%

「ない」74.4%

彼にイライラをぶつけてしまったという女性は3割弱。では、どんなことでイライラしたのか、どんなイライラをぶつけたのか詳しく聞いてみましょう。

仕事のイライラを彼に

・「仕事終わりに彼とデート。待ち合わせ場所についたときに、急に待ち合わせ場所変更のメールが来て、仕事の疲れもあり『移動したくない』と投げてしまい、彼に来させた」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「スムーズに話が進んでいかないことにイライラ。彼の立場になってはあげられなかった」(31歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「仕事でおつぼねがむかついた夜に彼に会って、彼がなだめてくれたにもかかわらず、『向こうの肩を持つわけ?』と八つ当たりしてしまった」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

職場のおつぼねに対する怒りがストレスになった、仕事が忙しくて疲れていたのでイライラしていた。そんなときに彼とデートしても、思いやりの気持ちを持つことができなかったり、彼のやさしさを素直に受け入れることができなかったりするようです。こういうときは、思い切ってデートを中止するというのも彼への思いやりかもしれませんね。

ストレスがたまって八つ当たり

・「いつもは我慢できるささいなことでも、爆発して怒ってしまう」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「ささいなことで怒ってしまう。ネチネチと嫌みを言ってしまう」(34歳/金属・鉄鋼・化学j/事務系専門職)

・「遅刻、予約忘れなど、彼のちょっとしたミスでも必要以上に責めてしまう。普段なら笑って許せることでも、忙しくてストレスがたまっていると怒りのコントロールができなくなる気がする」(25歳/食品・飲料/専門職)

普段は許せるちょっとしたことでも、ストレスがたまっているとすぐに怒りに結びついてしまうことが。彼に対してネチネチと嫌みを言い続けたり、怒りを爆発させて八つ当たりしてしまったりという経験がある女性も多いみたいです。自分でもわかっているけれど、気持ちのコントロールができないときってありますよね。

生理のときは険悪なムード

・「生理中は神経がとがることが多く、ささいなことでイライラしてしまいます。特に話をしているのに彼がスマホばかりいじっていたときは『ちゃんと話を聞いてよ!』と怒り、同棲中の家を飛び出し、数時間インターネットカフェで頭を冷やしました」(28歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「自覚はないけど、険悪になった時期をあとから振り返ると、たいていが生理前。普段はさらっと流せるパートナーのちょっとした一言が、引っかかって反論しちゃうのかも」(27歳/金融・証券/営業職)

・「『生理中だから』と言って、デートの約束をドタキャンしてしまった。冷たく言ってしまって少し後悔したけど、彼は怒らなかったので安心した」(28歳/ソフトウエア/技術職)

彼には何の責任もないけれど、生理のときは気分にもムラがあるし、彼のやることすべてがイライラの原因になることもあるみたいですね。会話中にスマホいじりをしている彼とのけんかで家を飛び出したという人もいるようですが、ひとりになって頭を冷やすと怒りが治まるのも早いかもしれません。

まとめ

仕事の忙しさや職場での人間関係など、働く女性が抱えるストレスの原因はさまざま。自分自身でもコントロールできないほどイライラが募ってしまって、彼につい八つ当たりということは少なくないようです。彼としては何が原因なのかわからないので戸惑うでしょうが、わかってくれない彼に対して、余計に腹が立つという悪循環もありそう。イライラしているなというときは、あえて彼に会わずにひとりでストレス解消をするほうが、自己嫌悪に陥らずに済むかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年2月にWebアンケート。有効回答数161件。22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]