お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メイク

ビジュアル系にしか見えない……(泣) メイクをがんばりすぎて失敗したエピソード4選

ファナティック

彼との初めてのデートや、気になる男性がいるときの飲み会などは、ついいつもよりメイクをがんばりすぎてしまうものではないでしょうか。上手に仕上げることができたらいいのですが、失敗したら目もあてられなくなってしまいますよね。そこで今回は働く女性に、メイクをがんばりすぎて失敗した経験について聞きました。

アイライン

・「アイラインを引いたら、落ちてクマになっていた」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「アイラインを下にも引いたらクマみたいになった」(31歳/情報・IT/技術職)

・「目を濃く見せようと下にもアイラインをバッチリいれたらキツそうに見られた」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

アイラインを引くのは意外と難しいもの。ビューティ誌などを参考に何度か練習をしておいてから、本番に挑んだほうが、失敗なくメイクができそうですね。

チーク

・「チークの位置を迷っていたら、熱があるみたいになってしまった」(28歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「チークを塗りすぎてしまい、おてもやんになってしまった」(26歳/自動車関連/技術職)

・「チーク。朝、電気をつけずに化粧したら濃くなっていた」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

チークをのせるポイントを間ちがえてしまうと、かなり恥ずかしいメイクの仕上がりになってしまうようですね。濃いめに色を塗りすぎてしまわないよう、最初は薄くのせていくようにするとキレイにできそうですよ。

マスカラ

・「マスカラをいっぱい塗ったら、パンダみたいになってしまった」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「マスカラを塗りすぎてまつ毛がバリバリになってしまったこと」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「マスカラを塗りすぎて違和感」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

マスカラをいつも塗っていないと、どの程度つけていいか分からず、ついパンダ目になってしまいがちですよね。目をつぶったときに目のまわりにマスカラがついてしまいやすいので、つけるときは量に気をつけたほうがよさそうですね。

アイシャドウ

・「青のアイシャドウを使ったら、目の上がおかしなことになった」(29歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「アイシャドウを入れすぎてキラキラになった」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「アイシャドウを入れすぎて、デーモン閣下みたいになる」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

いつもとちがうアイシャドウの色をのせてみると、なんだかイメージが大きく変わってしまうこともあります。何回か練習すれば自分の目に合う量や色がわかってくるのでこちらも練習をしましょう。

まとめ

気合いを入れてメイクをすると、いつもよりキレイにメイクを仕上げられそうな気もしますが、逆にやりすぎメイクになってしまう可能性もありそうです。仕上げたときに自撮りをしてみて、仕上がりを調整してみるといいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年2月にWebアンケート。有効回答数151件(22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]