お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド イベント

週末(3/19〜21)お出かけしたい東京イベントまとめ

週末のイベント

3月も半ばとなり、桜の開花が間近に迫ってきました。日本気象協会によると、東京都千代田区の桜開花予想日は3月21日(3月9日発表)。その日から東京周辺では、続々と開花ラッシュが始まります。今回は、桜の開花にあわせたイベントを中心にピックアップしました。さあ、どこからお出かけしましょうか?

日本橋 桜フェスティバル

日本橋は江戸時代、五街道の起点として発展した街。その日本橋を舞台に、街全体がお花見スポットになる春のイベントが開催されます。福徳神社へと続く参道・仲通りには、さくら色の短冊と桜ちょうちんが飾られた「日本桜風街道」が登場。日本橋室町・八重洲・人形町には、桜人力車も走行します。期間中は、三井本館、コレド室町1・3などがライトアップ。「ニホンバシ桜屋台」や「ニホンバシ 桜バル」といったグルメイベントも行われます。

イベント概要

開催期間:3月18日(金)〜4月10日(日)
開催時間:各イベントによって異なる
会場:コレド日本橋、コレド室町1・2・3、福徳神社周辺(仲通り、浮世小路)など、東京都・日本橋地域周辺

六義園「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」

画像提供『公益財団法人東京都公園協会』

東京都文京区にある「六義園」は、国指定特別名勝のひとつで、江戸時代に造られた大名庭園の中でも代表的なもの。春には高さ約15m、幅は約20mにおよぶしだれ桜が見事に咲き誇ります。さくらを眺めながらお茶が楽しめる「さくら茶屋」のほか、「抹茶茶屋」もオープン。期間中はライトアップも行われ、夜は夜空に浮かびあがる桜の姿を眺めることができます。

イベント概要

開催期間:3月17日(木)〜4月3日(日)
開催時間:9時〜21時(最終入園は20時30分)
会場:六義園(東京都文京区 本駒込6)
入園料:一般300円、65歳以上150円 ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

小石川後楽園「春の開園時間延長」

画像提供『公益財団法人東京都公園協会』

小石川後楽園は、黄門様こと徳川光圀公ゆかりの庭園。園内のしだれ桜は、ソメイヨシノより1週間程早く花を咲かせます。入口正面の馬場桜と呼ばれるしだれ桜は特に美しいため、必見とのこと。そのほか、しだれ桜は大堰川(おおいがわ)に向かう園路にも咲くほか、ソメイヨシノも大泉水を囲むように開花。しだれ桜〜ソメイヨシノと長い期間、お花見が楽しめます。

イベント概要

開催期間:3月19日(土)〜4月5日(火)
開催時間:9時〜18時 ※開園時間を通常より1時間延長
会場:小石川後楽園(東京都文京区 後楽1-6-6)
入園料:一般300円、65歳以上150円 ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

お台場イルミネーション”YAKEI”夜桜Ver.

デックス東京ビーチ(東京都港区)で行われる春のイベント「DECKS SPRING2016」に、22万球のさくら色の電飾が輝く桜並木が登場します。会場には、人の動きを感知し映像に反映する屋外参加型の360度プロジェクションシステム「ILLUSION DOME(イリュージョンドーム)」を設置。ドーム内では、桜並木を背景に、富士山や月光が出現する美しい映像が投影されます。

イベント概要

開催期間:開催中〜4月21日(木)頃を予定
開催時間:18時〜24時 ※変更になる場合もあり
会場:デックス東京ビーチ(東京都港区台場)
入場無料

ヨガレイブ in 国道357号東京湾トンネル

「国道357号東京港トンネル」は、3月末に開通を控えたお台場と大井町を結ぶトンネル。その開通前のトンネルを会場にイベント「ヨガレイブ」が開催されます。「ヨガレイブ」とは、ヨガ、ダンス、音楽の3要素を掛け合わせた新しいタイプのヨガで、お酒などの力を借りなくとも「ナチュラルハイ」になれるそう。会場周辺のトンネル照明はすべてヨガレイブ用の照明となり、まるで「宇宙ステーション」のような雰囲気の中で新感覚のヨガを体験できます。

イベント概要

開催日:3月21日(月)
開催時間:12時〜16時
会場:国道357号東京港トンネル
料金:1セッション3,000円、2セッション5,000円、全セッション6,000円  チケットはローソンチケットで販売
定員:400名

ポップアップカフェ「JAMESON AIRSTREAM」

東京都・表参道にカフェ「The AIRSTREAM GARDEN」とアイリッシュ・ウイスキー「JAMESON (ジェムソン)」がコラボした期間限定でポップアップカフェ「JAMESON AIRSTREAM」がオープン。期間中はアイルランドの伝統的なホットカクテル「アイリッシュ・コーヒー」などのウイスキーカクテルを提供します。3月19日には「ジェムソン アイリッシュ・コーヒー セミナー」を開催。20日にはチョークレタリングのデザインユニットによるライブペインティングが行われます。

イベント概要

開催期間:3月17日(木)〜21日(月)
開催時間:11時〜18時
会場:The AIRSTREAM GARDEN(東京都渋谷区神宮前4-13-8)
料金:カクテル料金1杯500円

「マイメロディ展」「キキ&ララ展」

社内プレゼンテーション用に描いた童話『赤ずきん』がモチーフのマイメロディ最初期の原画 1970年代
(C) ’76, ’16 SANRIO APPROVAL No. SP563051

ずきんがトレードマークのキャラクター「マイメロディ」と、遠い星の国で生まれた双子のきょうだい「リトルツインスターズ(キキ&ララ)」。サンリオの2大人気キャラクターの展覧会が、松屋銀座で同時に開催されます。「マイメロディ展」では、初代担当デザイナーが描いた、マイメロディの原点・赤ずきんちゃんの物語を初めて全作品展示。「キキ&ララ展」では、初代担当デザイナーによる絵本用原画をそろって初公開します。

イベント概要

開催期間:3月16日(水)〜4月4日(月)
開催時間:10時〜20時(最終日は17時閉場。入場は閉場の30分前まで)
会場:松屋銀座 8階 イベントスクエア(東京都中央区銀座3-6-1)
入場料:各一般600円、両展鑑賞券 一般1,000円 他

MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事

132 5. ISSEY MIYAKE《スクエア・ウール Vol. 4》2015年 撮影:岩崎寛

国立新美術館では3月16日(火)から、世界的デザイナー・三宅一生の展覧会が開催されます。会場では、初期から最新プロジェクトまでの仕事を紹介。展示は3つの部屋で構成されており、ルームAでは、三宅氏の原点ともいえる1970年代の服を展示します。ルームBでは1980年代において三宅氏の中心的な課題となった、身体に焦点を合わせた服のシリーズを展示。ルームCでは、最も革新的な側面をいくつかのテーマに分類し、三宅氏の服づくりにおいて重要な位置を占める独自の「製品プリーツ」の製作過程も展示し紹介します。

イベント概要

開催期間:3月16日(水)〜6月13日(月)火曜休館ただし5月3日(火・祝)は開館
開催時間:10時〜18時(金曜日は20時まで。いずれも入場は閉館の30分前まで)
会場:国立新美術館 企画展示室2E(東京都港区六本木7-22-2)
入場料:一般1,300円、大学生800円(5月18日は「国際博物館の日」につき入場無料)

次回の「週末のイベント」は、3/22(火)更新予定です。お楽しみに!

>>>「週末のイベント」バックナンバーはコチラから

お役立ち情報[PR]