お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド スイーツ

元気になれる「赤」のパワーをおいしく取り入れるデザートブッフェ

赤を基調としたデザートが並ぶ

ヒルトン小田原リゾート&スパでは、3月19日より5月29日までの期間限定で、「春のフラワーガーデン デザートブッフェ」を開催する。

もちもちつるんの食感! ドイツ生まれの新感覚生パスタを味わえる「Spatzle CAFE & WINE」がOPEN!

本イベントは、同社が手掛ける「オーラ・カラーと旬の食材やテーマをコンセプトにしたデザートブッフェ」の第一弾で、今回は「赤」をテーマカラーとしている。

オーラとは健康や精神状態などによりその輝きが変化するエネルギーで、その色はエネルギーの出入口であるチャクラに対応しているとされていて、「赤」は生命力やパワーと直結した、第一チャクラの色だという。

ブッフェには赤を基調としたデザートが並び、春を感じさせるラインナップとなっている。
塩漬けの桜を使った「桜あんパン」、「桜餅」、「桜のロールケーキ」は、小田原城に咲き誇るソメイヨシノの風景を思わせる。
「桃とヨーグルトのトライフル」や「桃のパイ」では、桃の甘味と酸味が楽しめる。

食べられる花「エディブルフラワー」も登場、シロップを染み込ませたしっとりした焼き菓子「ストロベリーサバラン」や華やかな「フラワーゼリー」と合わせて提供される。
「エディブルフラワー」は食物繊維やビタミンが豊富で、美と健康に良いと注目を浴びている食材。

その他にも、「赤」が目を惹くデザートが盛りだくさんの内容となっている。料金は2,800円(4月29日〜5月8日はノンアルコールカクテル付きで3,000円)。

(フォルサ)

お役立ち情報[PR]