お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 海外旅行

パッケージツアーの付加価値を追求! ルックJTBが2016年新商品を発表

2016年度ルックJTB新商品発表

JTBグループの海外パッケージツアー「ルックJTB」を企画・実施するJTBワールドバケーションズは、1月15日より、4月から10月までの上期商品を順次発売すると発表した。(一部は12日より発売中)

トイレから半日出られない!? あわや大惨事、海外旅行での大失敗エピソード

●注目デスティネーションは「ハワイアンアイランズ」
今年の注目方面は、ハワイの島々。ハワイ島のワイコロア地区にあるリゾート内をボートやトラムで移動するテーマパークのようなリゾートや、ラナイ島の豊かな自然とプライベート感があふれるホテルなど、リゾートらしいリゾートへの宿泊を提案する。

各島へアクセスも強化する。ルックJTBでは、35日前までに予約を完了すれば、午前便、午後便、夕刻便の時間帯の飛行機が選べるので、移動にかかる時間が短縮できる。

●現地のサポート体制を強化
現地滞在中に利用できる施設「ルックJTB専用ラウンジ」の増設や、現地情報を確認できる「ルックJTBアプリ」など、旅行中のサービスにも力を入れる。

追加料金の心配がない「KOMI-KOMI30」

現地滞在中「タビナカ」を楽しむ商品として、グアムでは、旅行中に楽しめるアクティビティ、観光、食事など様々な30アイテムを自由にアレンジした料金が全て含まれる「KOMI-KOMI30」が登場。
新たなサービスとしては、海外空港での乗り継ぎのトラブルに対処する「緊急ホットダイヤル」、「ルックJTB遅延お見舞い金制度」も導入される。

●厳選した19のホテルを紹介「一度は泊まってみたい世界のホテル」
新シリーズとして「一度は泊まってみたい世界のホテル」を発表。海外滞在時に最も多くの時間を過ごす「ホテル」に焦点をあてた商品で、現地に精通したルックJTBが選んだ隠れ家的なホテル、料理自慢のホテル、歴史ある調度品が美術館のようなホテルなど、個人で予約をするのは難しいホテルを紹介する。

●早く予約を入れれば安くなる?

旅行代金変動型の黄色パンフレット

2カ月ごとに代金を見直す旅行代金変動型商品を導入する。航空、ホテルの価格や空席状況などの変動をダイレクトに価格に反映するという商品で、新しく黄色の表紙のパンフレットが登場する。原則として早く申し込むほど料金が安く設定されている。また、最近はアジア人旅行者の急増もあり飛行機の座席や各国のホテルの確保が難しくなっているため、希望する旅行プランの手配は早いほうが良いという。

その他、航空券とホテルを基本として日数、オプショナルツアーなどが自由にアレンジでき、さらに現地でのサポートも受けられる個人型パッケージツアー「エアホ」や、昨年好評を得た「世界の絶景」も引き続き販売していく。

ルックJTBでは、取扱いの全商品の人員が円安や国際情勢の不安要素などから、前年比94%に留まったが、海外旅行への意欲への好要因となる羽田空港からの増便、燃油サーチャージの大幅値下げなどから、今年の海外旅行への需要は堅調とみている。

(フォルサ)

お役立ち情報[PR]