お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

今日もぼっちですが、何か? 私の「おひとりさま」武勇伝! 「ディズニーシー3回」「博多で一人もつ鍋」

カンナ マコ/OFFICE-SANGA

未既婚にかかわらず、おひとりさまで行動する女性がふえ、専用の旅行プランや、一人でも利用しやすい飲食店などが登場するようになりました。そうはいっても、まだまだ一人ではハードルが高い場所もありますよね。そこで今回は、おひとりさまで行動した経験を働く女性たちに聞きました。

■このあたりは初級!?

・「スタバで一人でカフェ」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「ひとりマック」(33歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「ファミレスのサラダバーで大量のおかわり」(32歳/金融・証券/営業職)

・「牛丼屋で親子丼を食べた」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

・「映画をレディースデーにみに行った」(23歳/医療・福祉/事務系専門職)

カフェやファストフード、ファミレスなどは、平日の昼間なら一人で過ごしている人も多く、さほど違和感なく入れる場所だと思います。ドリンクバーやサラダバーは、一人だろうとしっかり元を取りたいですよね。映画経験者もなかなか多かったです。

■勇気を出せばイケる中級・グルメ編

・「立ち食いソバ」(33歳/情報・IT/技術職)

・「ひとり焼き肉」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

・「どうしてもお寿司が食べたくて一人で回転すしに行った」(23歳/通信/秘書・アシスタント職)

・「京都の焼き鳥屋に行った。寂しすぎて隣のおじさんに話しかけたら、同い年の息子さんがいて仲良くなった(笑)」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「博多で一人もつ鍋、一人屋台村ラーメン」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

カップル、ファミリー、オジサマなどでにぎわう飲食店は、ちょっと勇気が必要。しかし、「一人ラーメン」はかなり多く、もはや珍しくないのかもしれません。ラーメン好きの筆者も、行列ができる人気ラーメン店によく一人で並びます。

■意外と多かった中級・エンタメ編

・「一人カラオケが圧倒的に多い」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「地方のフェスへひとりで遠征」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「高校野球は毎年おひとりさまで高校生に交じって観戦」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

「ひとカラ」なんて言葉が誕生するほど、最近は一人カラオケを楽しむ人が多いようです。とにかく歌いまくりたい人にとっては、グループで行くと順番待ちの時間がわずらわしいし、他人の歌なんて正直どうでもいいですよね……。

■余裕すら感じる上級

・「居酒屋」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「バーに通う」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ホテルでのスパ&フィットネスを1日ゆったり過ごす!」(33歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「1人沖縄旅行」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

グループが圧倒的に多い居酒屋を選んだり、バーに一度だけでなく何度も通ってしまうのは、もはやおひとりさまが定着している感があります。ホテルで優雅に一人時間を満喫するさまは、上級者と位置付けていいでしょう。

■難易度高いプロレベル?

・「ディズニーシー。1人で行った回数、3回」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「一人でアメリカ大陸横断」(32歳/学校・教育関連/技術職)

東京ディズニーリゾートは、カップルや気のおけない仲間で行くもの、とは勝手な思い込みだったようです。誰にも気兼ねなく、自分の思うままに動くには、単独行動がベストなのかも!? 語学が堪能なら、アメリカ大陸横断は無理でも、一人海外旅行は憧れますね。

筆者の独断で、初級~プロ級までレベル分けをしてみましたが、みなさんの想定と比べていかがでしたか? 高校生のときに、おひとりさま映画館デビューを果たした筆者は、上級あたりまではイケそうな気がします。しかし、プロレベルはさすがに難しいかも……。

(カンナ マコ/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数209件(22~34歳の働く女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]