お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【連載18回】パーティーシーズンは赤を取り入れて 大人レディにゴー!!

髙幣素子

街はイルミネーションに彩られ、パーティーシーズン真っ盛り。中でもスペシャルイベントと言えばクリスマスですね。今回は大人の女性に向けた、イベントをちょっと楽しくするコーディネートをご紹介。いつものカラーリングに赤を取り入れ、ちょっぴりレディに自分らしくクリスマスを楽しめちゃうスタイルをご覧下さい。

モノトーンもレッド投入で一気に華やかな印象に

ブラックとアイボリーのモノトーンは失敗しない鉄板カラー。そこに鮮やかな赤いパンプスをさし色に投入。赤い靴はそれだけで存在感があり、はくだけでパリジェンヌのようなロマンティックな印象になります。赤の面積が少ないからこそ効き目のあるコーディネートです。

ブラック×アイボリー+レッドのカラーパレット

 

(ニットコート:ZARA、ニット:ユニクロ、ガウチョパンツ:ZARA、バッグ:ユニクロ、パンプス:ZARA、ストール:シトラス)

クリスマスカラーをデニムでこなれカジュアルダウン

カーキとレッドでクリスマスカラーを取り入れながらデニムでさりげなくカジュアルダウン。ボーイッシュ派やカジュアル派の方でもフォーマルにすることなくイベント気分を味わえます。

カーキ×ネイビー+レッドのカラーパレット

(コート:FilippaK、ニット:ユニクロ、デニム:Levi’s、バッグ:L.L.Bean、スニーカー:adidas)

渋めトリコロールで作る冬マリン

ネイビーとグレーは大人な落ち着きを感じる定番カラーリング、簡単に冬の渋めマリンが作れます。そこに赤をプラスすることで印象的なコーディネートに。
ボトムスで赤を使うのは面積も大きく勇気がいりますが、柄物やミニスカートなどコンパクトにまとめれば目立ちすぎず取り入れやすいと思います。トレンチのように丈の長いコートを合わせるとさらに面積が小さくなるので、抵抗がある方はアウターとのバランスを考えてみるとよいでしょう。

ネイビー×グレー+レッドのカラーパレット

 

(コート:IENA、トップス:PeachJohn、スカート:プチバトー、バッグ:JOURNAL STANDARD、スニーカー:REEBOK)

落ち着きブラウンもスポーティなレッドで元気に

秋のウォームカラーのベージュとブラウンは着ているだけで冬らしく仕上がります。ただ、沈みやすい色なので地味な印象に。クリスマスも近い今なら赤をプラスして元気な印象にチェンジ。スポーティなアウターなら元気な印象にまとまるので、大きな面積でも取り入れやすいかと思います。鮮やかな色はスポーツアイテムで取り入れると気取った印象にならないのでオススメです。

ベージュ×ブラウン+レッドのカラーパレット

 

(アウター:patagonia、ニット:ユニクロ、スカート:Spick&Span、バッグ:Orcival、スニーカー:NewBalance)

ブラック×レッドのツートンカラーでレディに

今まではさりげなく赤を取り入れてきましたが、最後は2色の大胆カラーにも挑戦してみたいと思います。インパクトある赤いワンピースですが、ダウンのコートやスニーカーのスポーツアイテムでカジュアルダウン。上記でも述べたように、スポーツアイテムを活用すると派手な印象を緩和してくれるので大胆なデザインでも取り入れやすくなります。

ブラック×レッドのカラーパレット

 

(コート:CANADA GOOSE、ワンピース:KATE SPADE SATURDAY、スニーカー:NIKE)

コートを脱ぐと大胆な赤いワンピースですがスニーカーで軽やかな印象です。
足もとをパンプスに変えるだけで、フォーマルな印象にも作り変えることができます。
合わせるアイテムの属性で印象がガラリと変わりますね。

コートを脱いだスタイル。

鮮やかな色を取り入れる隠れテクニック

1ヶ所に鮮やかな色を使うとほかのアイテムとのコントラストが大きく浮いて見えてしまいます。そんな時は小さくもう1ヶ所鮮やかな色を入れるとカラーリンクが生まれ浮いて見えなくなります。

(イヤリング:SENBA)

今回はイヤリングに鮮やかな赤を入れることで、カラーバランスをととのえています。

まとめ

いかがだったでしょうか?
師走で忙しい大人の女性のみなさんにも少しクリスマスの楽しい気分を味わっていただけるきっかけになれば嬉しいです。

クリスマスを理由に少し気分のリフレッシュを。

それでは、また。
ファッションブログ『モコーデ』がお届けしました。

(高幣素子)

髙幣素子

ファッションブロガー、アクセサリーデザイナー、アーティスト、コンサルタント、ライター、Google+公式ユーザー、小学館SAKURAホットママリーダー。ユニクロやGAPなど、どこでも誰でも気軽に手に入るファッションの一工夫を毎日SNSやブログで発信中。
ファッションブログ『モコーデ』Google+公式アカウントFacebookページTwitterInstergram

この著者の記事一覧 

SHARE