お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

あなたは貯金できてる? 働く女子の貯蓄額を大発表!

ファナティック

将来のことを考え、毎月貯蓄をしている女性は多いのではないでしょうか。結婚資金として貯蓄している方も、少なくありません。なかなか周りに聞きにくいのが、みんなのお金事情。そこで今回は女性のみなさんに、ずばり!現在の貯蓄額を聞いてみました。

Q.現在の貯蓄額を教えてください

・1位 「50万円以上~100万円未満」……64.8%
・2位 「50万円未満」……22.6%
・3位 「600万円以上」……8.5%
・4位 「550万円以上~600万円未満」……3.0%
・5位 「350万円以上~400万円未満」……0.5%
※6位以下省略

9割近くの女子の貯蓄額が、100万円未満ということでした。いっぽう、残りの約1割の方はけっこう貯めていて、差が開く結果になりました。では、みなさん、どのような目的で貯蓄しているのでしょうか。

1位 「50万円以上~100万円未満」

・「50万円以上100万円未満。マンションを買う際に貯金の大半を使ってしまったので、今後何かあっても安全なように、まずは貯金を増やすことが今の目的」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「50万円以上100万円未満。車を買うため。将来に向けての貯蓄」(28歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「50万円以上100万円未満。将来何かあったときのため」(22歳/医療・福祉/その他)

将来のことを考えてなど、当座の貯蓄を増やす目的の方が多いようですね。中には車やマイホームの購入のための資金として、貯蓄をされている方もいらっしゃるようです。

2位 「50万円未満」

・「50万円未満。いざというときのためと、将来必要な資金の事を色々考えて。結婚した後とか子育て資金とか」(27歳/アパレル・繊維/その他)

・「50万円未満。今後の自分のためにも貯蓄は増やしたいので、今のライフスタイルを見直してます」(25歳/情報・IT/技術職)

・「50万円未満。将来のため。とりあえず30歳までに100万円を目指したい」(28歳/医薬品・化粧品/専門職)

いくら仕事をしていたとしても、貯金が0だと、少し不安になりますよね。いざというときのため、貯蓄をしている人が多いようです。

3位 「600万円以上」

・「600万円以上650万円未満。のちのちの家庭のために」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「600万円以上650万円未満。老後のため」(27歳/その他/その他)

・「700万円以上750万円未満。毎年100万円以上の貯金を目標にしています。老後のために貯金しています」(28歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

老後のことを考えて、しっかり貯蓄をしている方もいらっしゃるようです。貯蓄が上手な方は、毎年目標を決めて実行しているようですね。

4位 「550万円以上~600万円未満」

・「550万円以上600万円未満。具体的には決まっていませんが、将来のために」(27歳/その他/事務系専門職)

・「550万円以上600万円未満。将来の結婚のため。ほぼ趣味」(26歳/建設・土木/販売職・サービス系)

将来の結婚のために、コツコツと結婚資金を貯蓄している方も少なくないですよね。最悪な場合でも、老後の資金へシフトできますので安全です。

どれぐらい貯蓄しているかは、友人などにもなかなか聞くことができないもの。みなさん、遊んでそうで、しっかり貯蓄しているみたいですね。目の前の楽しさを優先すると、あとで後悔してしまうかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳~29歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE