お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

○○なだけでダメ!? 男性に「家事ができないだろうな~」と思われてしまう女性の特徴4つ

ファナティック

家事ができないと実生活で苦労しますし、将来結婚するにしても人と暮らすのが難しくなりそうですよね。特に男性は女性の家事スキルを気にする人が多いようです。さて、そんな男性が「家事ができないだろうな~」と思ってしまう女性の特徴とは?

爪がオシャレ

・「ネイルをしている」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「マニキュアが派手」(39歳/情報・IT/技術職)

・「爪がすごく長い」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

凝ったネイルをしていると料理や洗い物のとき困りそうですよね。その都度オフする人もいるかもしれませんが、それはそれで大変ということでマイナス要素でしょうか。手先をキレイに見せるのはいいけれど、実用性を考える男性にとってはその努力はムダに見えてしまうようです。

片付けが苦手

・「デスクの片付けができていない」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「カバン、机周り・中がぐちゃぐちゃ」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「カバンの中身がゴチャゴチャ。内面の乱れが出ている感じで、部屋等も片付いていなさそう」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

けっこういる片付け下手な女性。カバンは特に物を入れたままにしてしまいがちですね。本人にとってはよくてもモテ度は急降下するかも。部屋の乱れは心の乱れとも言いますし、男性ウケを意識しなくとも片付けはしておいたほうがいいですよ。

自分で食事を作らない

・「外食の話をすると、途端に高くてこじゃれた店の名前が列挙されるとき。散々男と行ってて、家で作らないんだろうなと思う」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「お弁当を持ってこない」(38歳/通信/技術職)

・「フライパンを持っていないという人」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

一人暮らしなのに料理を一切しない人もいますよね。料理をすると洗い物が出ますし、家事としては大切なものです。していないと後れをとりそうですね。外食もいいですが、普段から少しずつでも手料理を心がけてみてはいかがでしょう。

手を使わない

・「掃除するのが面倒で仕方ない」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「肌が荒れることがあまりできない」(25歳/農林・水産/専門職)

・「洗い物が下手」(24歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

掃除洗濯洗い物など、ほとんどの家事では手を使います。水仕事でちょっと荒れた手もある意味では勲章ですから、そこを評価してくれる男性がいるとありがたいですね。見た目の美しさではなく、洗い物で荒れた手に好印象を抱いて貰えるのはうれしいところです。

いかにも家事ができなさそうな感じの特徴が集まりましたね。結婚後の家事分担は各家庭によりますが、できないと大幅に依存してしまうことになります。本命彼女から除外されないためにも頑張りたいですね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE