お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

お酒の席で嫌われる、「酔っ払い方」とは?

ファナティック

人に迷惑をかける酔っ払い行為

会社やサークルの飲み会で、つい調子にのってしまって、飲みすぎてしまった経験はありますか? 上司に無礼な態度で接してしまったり、異性にキスをしてしまったり……翌日目覚めてあるのは、二日酔いと激しい後悔なんて。そこで今回は酔っ払って他人に迷惑をかけてしまったことについて、女性のみなさんに聞いてみました!

吐いてしまった

・「飲み会で酔っ払って吐き、トイレまで連れて行ってもらった」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「お店で吐いてしまい、自分の代わりに彼に電話してもらい迎えに来てもらったこと」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「友人宅のベッドの上で寝ゲロをして悲惨な状態になった」(30歳/医療・福祉/専門職)

飲みすぎて一番迷惑に感じるのが、吐かれることかもしれませんね。人のゲロなんて、なるべく見たくないものですし、後処理もできればしたくないもの。忘年会シーズンはこれからですが、飲みすぎに注意しましょう!

トイレから出てこない

・「トイレから出てこられなくなって、男性を女子トイレに入れるはめになった」(29歳/建設・土木/技術職)

・「酔っ払ってトイレに行ったまま30分くらい寝てしまい、友だちを待たせた」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「飲み会中トイレに消えて帰ってこなくて、あちこち探させてしまった」(26歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

酔っ払ってトイレにいくと、なかなか帰ってこない人っていますよね。ほとんどの場合、熟睡しているみたいですが、その間、トイレは貸し切り状態になってしまうため、ほかの人たちのトイレが困ってしまうのでやめましょう!

帰れなくなった

・「酔っ払って一人で帰れなくなってしまい、友だちに家まで介抱してもらったこと。突然、歌い出したりして大変だったらしい」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「酔っ払いすぎて歩けなくなり、男の先輩方4人かかりで自宅まで運ばれた」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ブッ倒れてしまって、ゼミの先生の家で寝させてもらったこと」(26歳/自動車関連/事務系専門職)

あまりにも酔っ払いすぎて、一人で帰れなくなる人もいるようですね。歩くこともできないため、人にかついでもらって、運ばれることになります。多くの場合、ほかの人も酔っ払っているから、お互いさま的なところはあるかもしれませんが、迷惑をかけてしまっているのは変わりませんね。

泣き上戸や無礼講に!

・「急性アルコール中毒になってしまったとき、自分は記憶がないが迷惑をかけたと思う」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「上司に絡んでしまった。無礼講で許してもらえたが、翌日目が覚めたときは血の気が引いた」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「酔うと、ちょっと優しい言葉をかけられるとすぐ泣いてしまう。相手はほんとに迷惑だろうなといつも翌日反省する」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

お酒の席では、急性アルコール中毒のように、命にかかわる事態を引き起こすこともあります。必ずむちゃな飲み方はやめましょう。また、上司と同席する場合、無礼講だからといって、上司になれなれしくしすぎないよう、要注意です。

お酒を飲むと、つい楽しい気分になって、飲みすぎてしまうことはありますよね。とはいえ飲み過ぎると吐くなどまわりの人へ迷惑をかけがちに。12月に入り飲み会が増えるシーズンですが、酔って周囲に迷惑をかけないようお酒の量やペースには気をつけましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数194件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE