お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 アイテム

なぜそのチョイス!? 女子には理解できない冬の男性ファッションのこだわり

ファナティック

ファッションに疎い男性は多いものですが、女性から見ても、なぜそれを着るのか理解できないファッションをしている男性は少なくありません。今年の冬のファッションも、並々ならぬこだわりをお持ちの男性もいらっしゃるようですが、女性から賛同を得ることができるのでしょうか。

ダウンベスト

・「ダウンベスト。腕のところが寒そう」(29歳/金融・証券/営業職)

・「袖がないダウンベスト」(31歳/その他/その他)

・「ダウンベスト。寒そう」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

上手に着こなすことができるなら、オシャレ番長になることも夢じゃないダウンベスト。なのに、なぜかコーデのチョイスを間違えてしまったり、丈の長さがフィットしてなかったりと、少しずつ残念さが加わるのです。

チェックのシャツ

・「代わり映えしないチェックのシャツ」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「チェックのネルシャツ。おたくっぽく見えるから」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「チェックのシャツですね」(25歳/小売店/営業職)

マストアイテムとして、チェックのシャツを使っている方も、少なくないようです。どこからどう見ても、立派なおたくアイテムにしか見えないのは、気のせいではありません。

ジャケット

・「コーデュロイのジャケット。中途半端に温かそうなところがわからない」(25歳/学校・教育関連/その他)

・「着ぶくれするダウンジャケット。カッコ悪い」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「革のジャケット。日本人には似合わないと思う」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

ジャケットを上手に着こなす男性は、とてもオシャレに見えるものですが、一歩間違えると、とてもカッコ悪く見えてしまう危険性が多いものです。チャレンジするのなら、お店のスタッフさんと相談しながら選ぶと良いかもしれませんね。

とにかく似合ってない!

・「スウェット素材のズボン。暖かくてもだらしなく見える」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「すごーく長いマフラー。モデルを真似てるつもりなのかもしれないが、どこがかっこいいのか分からない」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「ダッフルコート。いい歳になると似合わないのに着る人がいる」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

他にもいろいろなおしゃれアイテムを引っ提げて、今年の冬を乗り切ろうとしている男性は多いようですが、ほとんど撃沈しているみたいですね。オシャレ上級者テクにチャレンジしても、女性に理解されないケースが多いようです。

まとめ

オシャレに目覚める男性も少なくありませんが、変なこだわりを持ってしまうのも男性ならではの悪い癖。頭をフランクにして、いろいろなファッションにチャレンジしてみるのが良いかもしれませんね。ただし、女性の助言は必ず聞くことが大切です。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数142件(21歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]