お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 好かれる美人

どこで決めてる? 女性たちに聞いた「シャンプー選びのポイント」3選

ファナティック

キレイな髪をキープするためのヘアケアの基本となるのは汚れを落とすこと。そのためにはシャンプー選びが大事ですが、ドラッグストアやスーパーなどにずらりと並ぶシャンプーを見るとどれにすればいいか迷ってしまいますよね。そこで、今回は女性たちがシャンプー選びの際に重視しているポイントについて聞いてみました。

■成分

・「オーガニックで髪にやさしいノンシリコンのシャンプーを使うようにしている」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「サロン専売品しか使いません。髪の毛の質が全然変わってくるから」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ノンシリコンじゃないもの。ノンシリコンだとキシキシになるから嫌なので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

肌と同じように、オーガニックで髪にやさしいシャンプーを選ぶという女性は多いよう。どんな成分が入っているのかをしっかりチェックしてシャンプー選びしているようです。

■使用感

・「自分のなりたい仕上がりになれること。私は広がりやすいので、さらっとまとまる系のを買ってます」(27歳/金融・証券/営業職)

・「泡立ちがよさそうなものを選んで買っている。細かい泡で洗ったほうが毛穴の脂や汚れもよく落ちる気がする」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「頭皮にやさしいこと。合わないものを使うとフケっぽくなるので」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

シャンプーを使っているときの泡立ちのよさや洗い上がりの髪の質感など使用感で選ぶという女性も少なくないようです。サラッとした髪にしたいのか、しっとりさせたいのかで選ぶシャンプーの種類も変わってくるのでこれは大事ですよね。地肌にも触れるものなので乾燥させずに汚れを落とすという点も重要かもしれません。

■香り

・「価格が安く、自分好みの香りのものを選ぶ。毎日のことなので、好きな香りのものでシャンプーしたいから」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「香り。髪の毛によくても、好きな香りが好きじゃないと使い続けられない。気持ちがリラックスしないから」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「香りが人工的過ぎないか」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

毎日使うシャンプーは香りにこだわって選ぶという女性も。人工的なキツイ香りが残るのではなく自分自身もリラックスできるようなやさしい香りのシャンプーなら香りが残っても嫌じゃないし、香水などを使わない人ならずっとほのかな香りが続くシャンプーを選ぶというのもいいかもしれませんね。

「●●は髪にいい・悪い」という情報がネットでも簡単に手に入るので、シャンプーの成分に敏感になっている女性も多いようですね。ただ、ノンシリコンシャンプーが肌にいいと言われても洗い上がりのキシキシ感が気になって使いたくないという女性も少なくないように、髪にいいものでも使用感に満足できないと続けられないもの。香り、成分、使用感、全てに満足できるシャンプーを見つけるのは大変かもしれませんが、キレイな髪のために欠かせない努力だと思っていろいろと試してみるといいですよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数143件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]