お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「重い女」にならないための行動3カ条

ファナティック

いくら彼が好きでも、好きなあまり彼に頻繁に連絡したり、彼の行動を逐一チェックしたりしていると彼から「重い女」認定されてしまうことがあります。そこで今回は大人の女性たちに、重い女だと思われないために気を付けていることについて聞いてみました!

まめに連絡しすぎない

・「男性は人によるがひとりの時間がほしいらしいから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「メールしすぎて返ってこなくなったことがあるから」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「連絡くれくれだと重い感じがするので」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「返信がないと機嫌が悪くなっていくから」(30歳/医療・福祉/専門職)

会いたいけれど会えないときって、ついついしつこくメールやLINE、電話をしてしまいがちですが、連絡のしすぎは禁物。彼女の連絡頻度についていけなくなると「重い……」と感じてしまいます。

週末の予定をデート一色にしない!

・「束縛すると、男性は逃げるから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「あまりにも好意を寄せていることを悟られたくない」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「がつがつして重い感じを出したくないから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「束縛すると相手が不快な気分になる」(30歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

平日会えない分、週末くらいは……と思う気持ちはわかりますが、毎週毎週彼の週末を独占し、ほかの予定が入ろうものなら根掘り葉掘り聞く、なんて行為はNGです!

プライベートに干渉しすぎない

・「うっとうしく思われないようにするため」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「居場所をしつこくたずねたり、今何をしているかしつこく聞くのは嫌われると思う」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「彼に対して癒しの存在になるのが一番だと思うので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

彼のことはすべて知りたい! と思ってしまいがちですが、干渉しすぎるとウザく思われてしまう危険性が……少し放っておいて彼が自分のことを「何してるのかな?」と気にかけるくらいのほうがちょうどよいのかもしれません。

まとめ

自分の気持ちが強いほど、まわりが見えなくなり、ついつい独りよがりな行動を取りがちですが、それでは彼の心はどんどん冷めていってしまいます。本当に彼が好きならば、彼の気持ちをよく考えた行動を心掛けなければなりません。愛が暴走しそうになったときは、ぜひそのことを思い出してください!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数118件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]