お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

同僚男性をドキドキさせる仕草7選

ファナティック

オフィスという仕事をする場において、色気は必要のないものだと考えられていますが、色っぽい女性は、これ見よがしではなく、さりげない仕草で色気を表現するものです。ドキッとするオフィスでの女性の仕草を、社会人の男性に聞いてみました。

髪は女の命

・「髪をかき上げる。長い髪の人がするとドキッとします」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「髪をかき上げてる仕草。うなじや脇が見えそうになるから」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「髪の毛をしばるときの仕草。女性らしさを感じる」(33歳/学校・教育関連/専門職)

長くてさらさらのきれいな髪をかき上げている女性に魅力を感じる男性は多いようです。また、やる気モードに入ったときの髪を結わえる仕草も、うなじが見えると好評のよう。ヘアケアには手を抜けませんね。

脚から見える女の色気

・「さりげなく足を組み直すのにドキッとする。スカートで足を組みなおされると目がいってしまう。男の性」(25歳/電力・ガス・石油/技術職)

・「足を組んで仕事をする。足を組むとエロく見えるから」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「歩き方。モデルのような歩き方をする美人を見たときはドキッとしました。やはり女性はスタイルがよく、姿勢が正しいと素敵に見えるんだと思います」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

男性は本能的に女性の脚を見るもののようです。すらりと伸びた長い脚を組み替えるときはつい目がいってしまうという人も多いよう。また、歩き方も美しさを左右する重要なポイントです。てくてく、ぺたぺたと歩くよりも、しなやかに歩く方が女性らしさが数段上がるでしょう。

気が抜けた瞬間

・「伸びをする仕草。少しオフの感じがしてかわいく見える」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「うとうとしていてハッと起きるところ。なんかかわいい」(24歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「失敗したときに恥ずかしがる仕草。恥じらいってなんかかわいらしいから」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

オンタイムのキリッとした姿もいいけれど、休憩のときに見せるリラックスした姿にドキッとする人も。オフィスの美女というと、バリバリと仕事をこなす女性が思い浮かびますが、そんな女性が珍しくミスをしたときなどは、普段は見られない一面が見えるかもしれません。

結論:ギャップが大事ってコト

露出度の高い服を着たり、派手な化粧をしてみたり、極端な色気の演出はオフィスでは厳禁です。ですが、仕事モードのオンタイムだからこそ感じられる女性の色気もあります。今回並んだアンケートを見ていても、男性はギャップのある仕草に弱いことが伺えますね。長い髪をひとつにまとめるのも小さなことですがギャップです。しっかりしている人がちょっと気の抜けた顔をする……のももちろんギャップ。こんな小さなギャップでオフィスの意中の彼をドキッとさせてみてはいかがですか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません
※マイナビウーマン調べ(2015年10月にWebアンケート。有効回答数106件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]