お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

「私ってば大人になったなあ」と女性が思う瞬間12

普段何気なく過ごしている時、ふいに自分が大人になったなあと感じる場面ってありますよね。気持ちは若いままでいても、いろいろな経験を重ね、少しずつ年をとっていきます。では、どんな時にそう感じるのか、みなさんの気になる回答を見てみましょう。

〈経済的自立、仕事面で大人になったと感じる〉

■経済的に自立できた!

・「自分の収入だけで生活できるようになった時」(28歳/機械・精密機器 /技術職)

・「結構な値段のものを自分が働いたお金で買物できる時」(32歳/不動産 /専門職)

・「すぐにクレジットカードが作れる」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

働き始めて年数も経ち、収入も安定していることは立派な社会人であり大人になった証拠ですね。欲しいものを自分が働いたお金で買えることは、確かに気持ちがいいものです。

■仕事中に実感!

・「仕事で年下の相手もするようになったとき」(22歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「実習生に社会や会社のことを教えるとき」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「相手に自分の意見をきちんと言えることが増えてきたとき」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

責任のある仕事を任されるようになると、自然と新入社員の見本となるような行動ができます。社会人として成長した自分に気づけることは素晴らしいですね。

〈生き方・考え方が変わる、また味覚の変化なども〉

■考え方自体が変わってきた

・「ある程度あきらめが上手くなった」(31歳/電機/事務系専門職)

・「相手のわがままを子供だなと笑顔で受け入れられるようになった」(30歳/自動車関連/事務系専門職)

・「親を大切にできるようになった」(32歳/金融・証券/営業職)

我慢を覚えてイライラすることがなくなり、上手にその場に応じた対応ができるようになったという傾向がありました。「親がやってきたことがやっとわかった」という声もあり、子どもの立場から親の立場へと視点が変わってきた証拠ですね。

■お酒の飲み方、味覚が変わった

・「食べ物の好き嫌いがなくなってきたこと」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「お酒の飲み方が落ち着いたとき」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「脂っこいものが食べられない」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

子どもの頃苦手だったものが、食べられるようになると大人になった気分に。お酒も飲み方を覚え、美味しく飲めるようになるというのも素敵ですね。脂っこいものは年とともに自然に避けるようになってくるようで、体は正直です…。

まとめ

いかがでしたか。共感できる意見はありましたでしょうか。女性が素敵に年を重ねていけるのも、豊かな人生経験があってこそ。成長した自分をほめてあげたいですね。これからの人生も自分自身を大切にして、体調管理にも気をつけてください。

(C.W.)

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数177件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]