お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

あるある! 男性が親に秘密にしているコト「収入や貯金額」「彼女の有無」など

ファナティック

両親いくつになっても親は親。「色々聞かれて面倒」「心配をかけたくない」などの理由から、親にウソをついたり、本当のことを伝えていない男性も多いのではないでしょうか? 今回はそんな「親に言えないこと」について、男性のみなさんに聞いてみました。

「彼女がいない」とウソをつく

・「彼女の存在を伏せる」(33歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「付き合った人がいること」(26歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「彼女の有無。家に連れて来い。としつこく言ってくるので」(32歳/商社・卸/営業職)

彼女についてあれこれ聞かれるのが面倒なのでしょうか。男性はいくつになっても「親に彼女の話をするのが恥ずかしい」という気持ちもあるのかも知れないですね。

逆に「彼女がいる」とウソをつくケースも

・「彼女がいないのにいるとウソをついた」(33歳/電機/技術職)

・「付き合った彼女と別れたこと」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

親を安心させるために「彼女がいる」というウソをつく男性も。年齢が上がってくると、結婚の心配もされるもの。親から「いい人いないの?」などとチクリと痛い質問が飛んでくると、ついウソをついてしまうものかも知れません。

収入や貯金についてのウソ

・「親にはちゃんと貯金をしていると言っているけど、本当はほとんどしていない」(27歳/情報・IT/技術職)

・「年収50万円サバ読んでいます」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「預金額は下にサバを読んでいる。変に頼られても困るので」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

経済面で親に心配をかけまいと、つい貯金額や収入を多めに伝えてしまう人は多いようです。逆に少なめに伝えて、親との距離をとる人も。親との付き合い方も人それぞれですね。

仕事が順調とウソをつく

・「仕事でミスがあっても順調と言ってしまう」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「転職をしたこと」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

・「いまの会社があぶないこと」(33歳/商社・卸/営業職)

心配をかけたくない、あれこれ言われるのが面倒など理由は様々ありそうですが、仕事が順調とウソをつく男性が多いようです。

「元気でやってるか?」の問いにイエス

・「仕事で疲れ果ててても、元気にやってるよと伝えること」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「毎日ご飯食べているかと聞かれます。本当は面倒くさくてけっこう食べてないです」(36歳/機械・精密機器/営業職)

親はやっぱり、いくつになっても子どもの健康が第一。言葉少なく「元気でやってるよ」という、男性ならではの親への気遣いが想像できます。

今回の男性読者への調査では、彼女のこと、仕事やお金のことについて親にウソをつくという回答が多くありました。それだけ、いくつになっても子どもの生活を心配している親が多いということなのでしょうね。親を安心させる為なら「嘘も方便」ではありますが、親は意外とみなさんのそういった嘘を見抜いているものかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数130件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE