お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性が「この子の料理は食べたくない」と感じる女性の特徴4選

ファナティック

料理を振る舞う際は、いろいろと気をつけなければいけないことが多いものです。どんなにでき上がったものの見た目がよくても、その人が作った料理は食べることを躊躇してしまう……なんてこともあるようです。今回は男性たちに「この子の料理は食べたくない」と感じる女性の特徴を聞いてみました。

■清潔感のない指先

・「派手なネイルの子。料理に薬品が溶けて入ったら嫌だから」(26歳/農林・水産/技術職)

・「ネイルに凝ってる子。爪に付着してる物質が料理に混入しそうなのでコワイ」(32歳/商社・卸/営業職)

数ある意見の中でも圧倒的な数を占めたネイルをしている女性という意見。爪が長い場合が多く、たくさんの菌が付着していることが考えられます。料理を振る舞う際は、短く整えられた傷のないキレイな手で作るよう心がけましょう。

■バサバサの髪

・「髪を触ってる。汚い」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「髪とかボサボサの女性。不潔そうなので」(30歳/人材派遣・人材紹介/その他)

料理するときは、髪をしっかりとまとめることが大切です。バサバサのままでは料理の中に髪が入ってしまうことも。また、調理中は髪に手を触れないなど、衛生面に気を配ることも大切です。

■不潔でも気にならない人

・「手を洗わないなど一般的に不潔な人」(31歳/電機/技術職)

・「不潔な女性。なんか心配だし一緒に食べてもまずそう」(36歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

料理をする前は必ず手洗いをしましょう。普段から外から帰ってきたときやトイレのあとなど、手を洗う習慣をつけておかないと、汚れた手のまま食材を触ってしまうことにもなります。食中毒で病院に運ばれたくないのなら、こまめな手洗いは必須です。

■料理が下手

・「味付けの方法を知らないと、さすがに安心して食べられない」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「家事ができない。やる気がない。そんな人が料理をしても、その性格が味にまで反映される」(28歳/情報・IT/技術職)

問答無用、おいしくない料理を作る女性の料理は食べたくないのです。普段から料理をしていないと、いざ作ろうと思っても簡単にはできません。必死になって作っても、慣れていないために味付けなどには不安が残ります。おいしい料理を作るには経験が必要です。

おしゃれを楽しみたかったり、こまめな手洗いを面倒に感じたり、これくらいいいだろうと思ってやったことが、健康に害を及ぼすほどの結果になってしまうこともあります。料理は楽しい、おいしいものであると同時に、口に入ればその人の健康にマイナスにも作用する可能性があることを忘れてはいけません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(※2015年8月にWebアンケート。有効回答件数126件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE