お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

やだ! 「パン線」見えてない!? 女子がやっている涙ぐましい努力

おしゃれな女性なら一枚は持っているタイトなボトムス。スッキリかっこよく決められるアイテムですが、下着のラインが見えると残念な印象に。今回は、パンツラインいわゆる「パン線」が見えないように、日頃女性している努力について、こんな質問をしてみました。

af9940105165m

Q.ぴたっとしたボトムスをはくと出てしまう下着のパンツのライン、どうやって防いでいますか?

気にしない……47.7%
ガードルをはく……19.6%
Tバックの下着にする……10.4%
腰にカーディガンなどを巻く……10.0%
その他……12.3%

気にしない女性が半数近くいるのは意外ですね。一方、ガードルや下着でラインを見せないようにする、カーディガンなどでカバーするといった女性もたくさん見られました。では、下着が透けやすい白っぽいボトムをはいたときはどうするのか聞いてみました。

Q.白っぽい色のボトムスをはくと透けがちな下着の色、どうやって気をつけていますか?

ベージュの下着にする……35.9%
白い下着にする……20.4%
ガードルをはく……17.3%
ペチコートなどのガードル意外のものを1枚はく……7.7%
Tバックの下着にする……7.3%
腰にカーディガンなどを巻く……5.0%
その他……6.4%

ベージュカラーまたは白色のパンツをはいてカモフラージュするという人が大多数でした。続いてパン線にまつわる恥ずかしいエピソードも聞いてみました。

ちょ! 下着ハデすぎじゃない!?

・「白い作業着で花柄のパンツの模様が出ていた」(28歳/自動車関連/技術職)

・「友達が白いボトムスを履いたときに、Tバックにしていたが、色が赤でTバックがものすごく透けていた」(29歳/情報・IT/技術職)

・「黒の下着をはいていることをすっかり忘れて白のパンツをはいて、パンツがはっきり見えていた」(31歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

オシャレな白系のボトムスも、色柄もののパンツが透けていたら同じ女性でも目のやり場に困ります。

カモフラージュが裏目に…

・「鏡でチェックしたはずが、外に出ると日の光などで見えかたが変わってしまい、恥ずかしい思いをした」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

・「白のボトムスはTバックで履いても結局透けるので友達とかは気づいて「今日Tバックだね」と言ってきます。恥ずかしいです。」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「ホットパンツを履いていたら、ガードルがはみ出ていた。」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

パン線が出ないようにパンツに気を使っても、実際には周囲に気付かれていることもあります。厚地のボトムスでも光の加減によっては色柄がクッキリ見えることもありますね。いざというときはカーディガンで隠すといった対策もいいかもしれません。

まとめ

タイトや白っぽいボトムスはコーディネートに欠かせないアイテムですが、一歩間違えると笑いのタネになりかねません。パンツの色や形などを工夫し、颯爽と歩きましょう!

(C.W.)

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数220件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

SHARE