お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 コーディネート

男ウケバツグン! モテ系ぽっちゃり女子のファッション6選

中澤美紀子/OFFICE-SANGA

笑顔とやさしげな体型で周りを癒すマシュマロ女子たち。その中でも特にモテモテのぽちゃ子さんは、オシャレにも自分なりのこだわりを持っていそうです。男性ウケするぽっちゃり女子ファッションのポイントとは? 働く女性に聞いてみました。

■豊かなバストをさりげなく強調

・「ピタピタすぎないけど胸を強調できるトップス」(28歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「胸を強調する服がウケがいい。ボリュームがあるので、みんなが見る」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「デコルテが広く開いている等」(24歳/その他/事務系専門職)

大きめの胸をアピールできるファッションは、ウエストが細く見える効果もありそうですね。ただし、やりすぎると下品になるのでバランスを考えましょう。とはいえ、ぽっちゃり女子全員が、胸が大きいわけではない……。そういう面もあります。

■体型カバーのテクニックは必須

・「マキシ丈ワンピース。体型カバーできるので」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「チュニックなどの体のラインがわかりづらい服」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「スカート。でも太ももはそんなに出さない」(32歳/学校・教育関連/営業職)

女子は比較的お腹の周辺や太もも、二の腕などに肉がつきやすい。そこを上手くカバーすることで、スリムに見せることができます。隠すだけでなく、色のメリハリや、小物づかいなどでも、体型カバーは可能。鏡でチェックするときは正面だけでなく、横や後ろから見た姿も確認しましょう。

■ふっくら体型に似合うのは、このスタイル

・「ゆったりしたピンク色等の女性らしい服が好かれると思う」(32歳/不動産/専門職)

・「半ズボンにシャツブラウス、Tシャツなど。カジュアルのほうがかわいらしく見えるから」(26歳/電機/事務系専門職)

・「女の子らしいレースのワンピース。ワンピースなら、体型がごまかせるから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「オフィスカジュアルっぽい服装」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

ぽっちゃり女子には「ワンピースが似合う」という回答が多く寄せられました。ウエスト部分が目立ちにくいし、縦の線が強調されて、細く見える効果がありそうです。黒や紺などの引き締めカラーもいいけれど、ピンクなど甘い色で、癒しのオーラを強調するのもよさそう。

■体型を気にせず何でも笑顔で着こなす

・「痩せている子と同じようなかわいいファッションを身に付けていることです(もちろんサイズは全然違います)」(31歳/その他)

・「私の周りのモテるぽっちゃり女子は、かわいい系のファッションの人が多い。太っていても自分に自信を持って、堂々としている」(24歳/食品・飲料/専門職)

スリムでプロポーションがよくても、表情が暗いと台無しに。逆に少々、太めでも笑顔を絶やさない女子は周囲に人が集まります。オシャレも自分らしいセンスを発揮して、堂々を好きな服を着こなせばOK! ただし、女の子らしさは忘れないで。

■細い部分をしっかり見せる

・「足首や手首が見えるファッション」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「隠しつつ手首などは出す」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

他の部分に比べて手や足が細い人は、ぜひ、その部分をアピールしましょう。ムダ毛処理やネイルなど完璧であればあるほどよし。つられて全体が細く見える効果があるし、実際にその部分を見た男女が、口に出して褒めてくれたら自信につながります。

■NGアイテムもチェック

・「着ぶくれやゆったりしすぎる服は余計太って見えるのと、露出が多い服も避けたほうがいいと思う」(25歳/その他)

・「その人に合った服を着ていればいいと思う。ただし、ロリータのようなものは余計に大きく見えるので避けたほうがいいと思う。それ以外なら大丈夫だと思う」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

フリルやロリータファッションを好むぽっちゃり女子は多いかも? 彼女たちの女性らしさが、ロマンティックなアイテムに走らせるのでしょうか。でも、ボリュームのあるデザインなどで、体型がより太く見えてしまうことも……。フリフリスタイルは「痩せたときのお楽しみ」として、まだ挑戦しないほうがいい!?

■まとめ

ぽっちゃり女子のファッションポイントに対して、多くのコメントが寄せられました。「かわいさを残しつつ、太めの印象は抑える」ことは難しそうですが、成功すればモテモテの毎日がはじまります。まずは、手持ちのアイテムをチェックして、鏡の前でひとりファッションショーをすることからスタートしましょう!

(中澤美紀子/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数185件(22~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]