お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

右利きの人から見た、左利きのメリット・デメリット

ファナティック

子供の頃、お箸などを持つ手が左手な友達を見たとき、ちょっとびっくりしませんでしたか? 右利きの人から見たら、左手で箸やハサミを使いこなす左利きの人がなんだかすごく見えるもの。でも左利きの人は不便なことを感じていることも。そこで今回は「右利きと左利きで良かったことや困ったこと」について、アンケートで聞いてみました。

Q.あなたは、右利きですか? 左利きですか?

「右利き」91.3%
「左利き」8.7%

9割以上という圧倒的多数で「右利き」の人の方が多い結果となりました。左利きの人がこんなに少ないなんてちょっと意外な気もします。それぞれの良かったことや困ったことについて聞いてみましょう。

<「右利き」の人の良かったことや困ったこと>

世の中のほとんどが右利き用なので便利!

・「仲間が大勢なので困ることはない。左利きの人は大変そう」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「改札の切符を入れるところやハサミなど、基本的に世の中は右利き用に出来ているから左利きの人は不便と聞くので、右利きで良かった」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

「右利き」と回答した人の中で多かったのは「世の中は右利き用に出来ているから便利」という意見でした。言われてみれば、自動改札やハサミ、包丁なども右利き仕様になっていますよね。

困ったことはないけど……

・「困ったと思ったことはない。左利きの人がかっこいいな、と思ったことはある」(25歳/その他/その他)

・「困ったことなどはないが、周りの頭の良い人は全員左利きなので、コンプレックスがある」(32歳/学校・教育関連/技術職)

「右利きで困ったことなんてない」という人が多い中で、少数派の左利きの人を「かっこいい」と思ったことがある人も。「周りの頭の良い人は全員左利き」なんて、左利きの人には嬉しいエピソードです。

<「左利き」の人の良かったことや困ったこと>

右利き用の世の中が憎い!

・「なんでも右利き用のものばかりで困る」(33歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「右利き専用の包丁とかハサミとか使いにくい」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「駅の改札でよく肘をぶつける」(29歳/学校・教育関連/専門職)

「左利き」と回答した人のほとんどが「世の中が右利き用だから不便」という意見でした。自動改札は完全に右利き用ですが、左利きの人はどうやって改札を抜けているのでしょうか? ちょっと気になります。

でも左利きの人は

・「スポーツは優遇される」(23歳/医療・福祉/専門職)

スポーツ選手の中には、サッカー選手のメッシなど左利きの人が活躍していることも多いですよね。あのアインシュタインも左利き。「頭の良い人は全員左利き」もあながち間違っていないのかも?

右利きの人が多数を占める中で、左利きの人の「不便すぎる!」という心の叫びが聞こえてきます。「左利き専用の自動改札機」なんて出来たら、左利きの人も「肘をぶつける」なんてこともなくなりそうです。でも偉大な科学者には左利きの人もいますので、右利きの人からしたらちょっと憧れますね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数150件(22~34歳の働く女性)

【お詫び】文中の左利きの有名人名に間違いがございました。 誤った情報をお届けし、大変申し訳ございません。(マイナビウーマン編集部)
ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE