お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

思い込みスキンケアは卒業! 進化した「イプサ」の化粧液で透明感あふれる肌へ♪

水村典子

メイクアイテムやスキンケアアイテムなど、旬の美容情報をお届け! 製品のこだわりポイントや、効果をより高めてくれるオススメの使い方を、調査していきます♪

イプサの顔とも言える化粧液『ME(メタボライザー)※』。この秋、新たに“素肌型”に着目した進化版が誕生! “素肌型”とはどんなものなのか、また進化のポイントなどを、PRの谷田内優子さんに伺いました。

(写真中央から時計まわりに)ME レギュラー2、ME スーペリアe 2、ME エクストラ2

◆先天的肌質×後天的肌状態により、17の“素肌型”に分類

新しい『ME』の進化ポイントを教えてください。

「“個肌を見つめて、肌の生まれ変わりのリズムをサポートする”、“肌をうるおいで満たすことで、突き抜ける透明感溢れる肌へと導く”という『ME』のコンセプト自体は変わりません。新しい『ME』は、この“リズムをサポートする”機能が進化。新たに、表皮中に存在する悪玉酵素に着目し、アルゲルミナ EX(保湿成分)を新配合しました」(谷田内さん)

なるほど。では、進化版『ME』で新たに着目した“素肌型”とは?

「イプサの肌測定器イプサライザーにより導き出される素肌の型で、17に分類されます。先天的肌質(=もともと持っている肌のくせ)と、後天的肌状態(=これまでの生活環境や習慣などにより蓄積・記憶された肌状態)の両面から1人ひとりの素肌型を見極め、17本の『ME』の中から、最適な1本を導き出します。

先天的肌質は、水分保持力の高さや皮脂分泌力の強さにより導き出しますが、同じ人でも季節によって数値には変化が見られます。また、後天的肌状態は、蓄積・記憶されたダメージのことで、肌を取り巻く環境や毎日のスキンケア状況にも左右されます」(谷田内さん)

◆思い込みを捨て、今こそ自分の肌に本当に合うスキンケアを見つけよう!

「肌測定」を受けたことのない女性も多いと思うのですが、自分の肌状態をチェックするのは、若いうちから行ったほうがいいのでしょうか?

「はい。若い方ほど肌状態の変化に気がつかなかったり、思い込みで10代のころからずっと同じお手入れをしているという人も見受けられます。たとえば、『ニキビやテカリが気になるから、さっぱりタイプのニキビ用化粧品で真面目にお手入れしているのに、ちっとも目指す肌に近づかない』という人は、じつは乾燥により皮脂分泌が過多になっている可能性が。にもかかわらず『私は脂性肌』と思い込んで保湿をおろそかにしてしまい、ますます皮脂が分泌してしまうケースもあります。また肌色の変化も、乾燥のせいだったり加齢によるものだったりと、その原因は人によってちがうんですよ」(谷田内さん)

お手入れしているのになかなか結果が出ないのには、そんな理由もあるんですね!

「スキンケアは、友だちが使っているから、流行っているから、といった理由で選ぶのではなく、自分の現在の肌を客観的に見極めてセレクトすることが大切です。まずはイプサのカウンターで、イプサライザーによる肌測定を受けてみてください。測定により導き出された素肌型をベースに、ピッタリな『ME』をご提案します。肌コンディションの悪化は、お手入れ次第で逆転できます。未来の肌を守るためにも、今から自分の肌に適したベストなスキンケアをはじめるのがオススメです」(谷田内さん)

今回、17の素肌型のうち12の『ME』が進化して新登場。驚いたことに、17種すべて開発研究員が異なるのだそう。つまり、今回の17種の『ME』は、17人の手によって生み出されたということ。使用感、肌実感など、担当者によりこだわりポイントもちがうと聞いて、本当にびっくりしました。イプサライザーによる肌測定は無料で、所要時間は約10分。いきなり商品を購入ではなく、サンプルでお試しすることも。季節の変わり目で、肌もゆらぎやすいこの時期。百貨店でイプサのカウンターを見かけたら、ぜひ気軽に立ち寄って、自分にピッタリの『ME』を見つけてみてはいかが?

商品情報

ME レギュラー(医薬部外品) 全4種 175mL 各5,500円(税抜)
ME エクストラ(医薬部外品) 全4種 175mL 各6,500円(税抜)
ME スーペリアe(医薬部外品) 全4種 175mL 各7,500円(税抜)
2015年9月4日(金)発売

問い合わせ先

イプサ
TEL:0120-523543
公式Webサイト:http://www.ipsa.co.jp/

※メタボライザーはMEのアイテム呼称です。

(取材・文:水村典子、撮影:宇高尚弘/HEADS)

水村典子

ライター。書籍・雑誌編集部、WEBサイト編集部勤務を経て独立。現在はフリーランスとして、女性誌、女性向けWEBサイトなどを中心に活動中。

この著者の記事一覧 

SHARE