お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド イベント

夜空の下で猫の演じる「銀河鉄道の夜」を! 「博物館で野外シネマ」

「博物館で野外シネマ」第二回目は「銀河鉄道の夜」

東京国立博物館は、2014年に引き続き、2015年10月2日、3日に移動映画館キノ・イグルーと共催で、野外シネマを開催する。

【肉ロックフェスで、モフモフ! 肉ロックフェス2015にテッドがやってくる】

第2回の今回は、宮沢賢治による名作を、ますむらひろしの猫のキャラクターにより長編アニメーション化した「銀河鉄道の夜」を上映する。

2016年生誕120周年を迎える宮沢賢治は、東京国立博物館を愛し、足しげく通ったことが短歌や手紙に残されている。今回は前回よりもスクリーンを大きくし、より多くの観客が鑑賞できるようにしたという。

「博物館で野外シネマ」上映日は、特別展「アート オブ ブルガリ130年にわたるイタリアの美の至宝」(別途料金が必要)を含め、22時までの特別夜間開館を実施する。映画鑑賞後にも展示室を観覧することが可能だ。

「博物館で野外シネマ」の実施要項は以下のとおり。

日時 :2015年10月2日、3日
19:00~(1時間40分程度)
上映作品:杉井ギサブロー監督「銀河鉄道の夜」(1985年、KADOKAWA)
会場 :東京国立博物館(上野公園内)本館前(人数制限無し)
雨天時は平成館大講堂(先着380名)
料金 :無料 ただし当日の入館料(一般620円、大学生410円)が必要
70歳以上、高校生以下及び
キャンパスメンバーズ加入校の学生は無料

(エボル)

お役立ち情報[PR]