お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ちゃん付け? 呼び捨て? 女性は新しい男友だちに何と呼ばれたら意識する?

ファナティック

仲のいい友だち同士なら、下の名前を呼び捨てで呼んだり、学生のころからのあだ名で呼んだりしますよね。でもそれが「新しく友だちになった男性」だったらどうでしょうか? 苗字+サン付けや下の名前+ちゃん付けなど、呼び方にもいろいろありますが、今回は「思わず意識してしまう男性からの呼び方」について、女性のみなさんに聞いてみました!

Q.新しく友だちになった男性に何と呼ばれたら意識してしまいますか?

第1位 「男性なりに作ったあだ名」……26.8%
第2位 「苗字・名前にちゃん付け」……24.7%
第3位 「ほかの人も呼んでいるあだ名」……19.1%
第4位 「苗字・名前を呼び捨て」……15.5%
第5位 「苗字・名前にサン付け」……8.8%
※第6位以下省略、その他を除く

一番多かったのは「男性なりに作ったあだ名」でした。下の名前+ちゃん付けより若干「意識してしまう」という人が多いようです。どうしてそう思うのか、それぞれを選んだ理由を聞いてみましょう。

■第1位「男性なりに作ったあだ名」
・「慣れない呼ばれ方なので、意識すると思います」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「考えてもらったんだなと思うときゅんとする」(32歳/建設・土木/技術職)
・「その人特有の呼び方は特別感があるので、意識してしまうから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

多かったのは「特別感がある」という意見でした。その男性が考えてくれたオリジナルのあだ名なので、わざわざ考えてくれたんだと思うと「きゅんとする」という人も。「その呼び方は彼しかしない」というところに特別感がありますよね。

■第2位「苗字・名前にちゃん付け」
・「名前を呼ばれたいけれども、呼び捨てはいやだし、サンが付くのもよそよそしいので」(31歳/医療・福祉/専門職)
・「普段ちゃん付けで呼ばれることがないので、呼ばれるとうれしい気持ちになる」(28歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)

・「名前にちゃん付けが一番親近感湧いてうれしい」(33歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

僅差で第2位だった「苗字・名前にちゃん付け」では、「呼び捨てはいやだしサン付けはよそよそしい」という声が多くありました。同じちゃん付けでも苗字より下の名前に付けて呼ばれたほうが、よりその男性のことを意識してしまいそうです。

■第3位「ほかの人も呼んでいるあだ名」
・「ちょっと親しみをこめてるのかな? と思うから」(32歳/不動産/専門職)
・「仲のいい友だちに呼ばれているニックネームで呼ばれると、一気に距離が縮まった気がするから」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「なじみたいという気持ちの表れだと思うので」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

「ほかの人も呼んでいるあだ名」はその男性のオリジナルではありませんが、自分が普段から呼ばれ慣れているあだ名なので違和感も感じませんよね。ほかの人と同じあだ名で呼ばれると親近感も湧くし、距離も縮まるような気がします。

「新しく友だちになった男性」からは、「男性なりに作ったあだ名」で呼ばれると意識してしまう、という女性が多い結果となりました。自分のことをいろいろ考えてあだ名を付けてくれたんだな、と思うとうれしいしドキドキしてしまいますよね。そのあだ名はその男性からしか呼ばれないので、特別感も増して距離が一気に縮まるのかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数194件(22~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE